ジャストコーズ3 日本版の規制とオンライン対戦について

1ジャストコーズ3ー。

年末に発売予定の期待の大型タイトルです。

最近MGS5 : TPPのことしか記事にしていなかったのですが、一段落つきましたのでそろそろ別のゲームについても書いていこうと思います。

スポンサードリンク




 

世界一移動の楽しいオープンワールドゲーム

 

1

”世界一移動が楽しいオープンワールドゲーム”

これが僕のジャストコーズの印象です。

フックを引っかけバットマンのごとくかっこよく移動したり、飛行機に乗って壮大な景色を飛び回ったり、時々調子に乗って民間人を吹き飛ばしたり、、

仮想世界で”ヒャッハー”したい人間にとっては最高かつどハマリするゲームですね。(笑)

 

こういった現実に基づいた街で”ヒャッハー”するオープンワールドゲームといえば、、

 

1

GTA(グランド・セフト・オート)

オープンワールドの金字塔にして代名詞的存在で、アメリカに実在する街(仮想空間)で車を窃盗したり戦車に乗ったり理想の生活をしたり、、自由度満載のアクションクライムゲーム

 

セインツロウ

GTAに厨二病をこじらせたような世界で、シリーズが進み遂に大統領になった超人とその仲間達が宇宙人からの侵略を守る究極の”バカゲー”

 

2

アサシンクリード

これは”ヒャッハー”ではなく”俺TUEEEEE”といった感じで、アサシンになって中世のヨーロッパやアメリカの広い街を舞台に暗躍するゲーム。

 

ジャスコ(ジャストコーズ)は上に挙げた3つの要素をそれぞれ持っているゲームで、オープンワールドゲームの面倒くさい部分であり短所になりがちな移動を長所に変えた結構凄いゲームなんです!!

もう一度いいます、、凄いゲームなんです!!(笑)

ジャスコって上のソフト群に比べてなんかイマイチ知名度ないんですよね・・。

個人的には最も過小評価されているソフトの1つで、面白さならオープンワールドゲームでベストの1つだと思っているので、今後もシリーズとして続けていくためにも知名度UPは必須です。

 

日本版の規制は今作も健在!?

 

3

ジャスコ2規制事件

今となっては懐かしい気もしますがジャスコ2を発売した当時、、

 

1.民間人にフックを引っ掛ける事が出来ない
2. 民間人に武器でダメージを与える事が出来ない
3. 民間人を爆発で吹き飛ばす事が出来ない
4. 民間人に傷つけないように戦う縛りプレーができない
5. ミッション数が何故か少ない

 

といった規制だらけの状態(発売前に公表していなかった)であったことが発覚して、販売元のスクエニが大バッシングを浴びるという事件がありました。

混乱破壊を楽しむゲームなのに、その大事な要素を規制されてはたまったものではありません。

 

ちなみに僕はその後北米版を買い直して分かったのですが、ジャスコは英語が分からなくても大体はプレイできるゲーム。(ストーリー理解には映画が必要)

ですので今回のジャスコ3はスクエニが事前に規制内容を公表すると言っていますが、規制の内容次第を見てから購入するかどうかは決めるのが得策ですね。

幸い、前作同様今作もsteamにて配信される予定ですので、もし国内版が規制だらけならばsteamで購入して日本語化MODを入れれば、リージョンロックでもない限り規制なしかつ日本語(字幕)で遊べると思います。

規制のゲームが多いここ数年、steamの存在とMODを作ってくれる有志さんの存在は本当にありがたい限りですね、、いつもありがとうございます。

 

オンライン対戦の可能性

 

ジャスコは基本的にマルチ非対応の1人用ゲームなのですが、海外でのインタビューにて、、

 

「将来的には、マルチプレイが可能・・かもしれない」

 

と話しています。

これに関してはまだ時間はかかりそうですが、絶対につけてほしい機能です。

ジャスコの世界でオンライン対戦はGTA並、、いやそれ以上に楽しくなりそうな要素が溢れています。

スタッフさん、、頼みますよ!!

 

まとめ

 

発売日は12月のはじめ・・くらいらしいです。

年末は大作ラッシュですが、ジャスコは絶対に買いですよ、買い。(笑)

スポンサードリンク




コメントを残す