MGS5 : TPP リキッド・スネークとソリッド・スネーク

5MGS5 : TPPをクリアしたのですがまだモヤモヤが残っています。

ビッグボスが何をしていたのか、幻のエピソード51以降のシナリオは存在したのか、、色々ありすぎますね。

今回はシリーズ考察という点で、リキッド・スネークとソリッド・スネークの2人の運命について考えてみました。

スポンサードリンク




 

恐るべき子供達計画

 

2

 

ビッグボスー。

伝説の兵士ザ・ボスを倒し、”ビッグボス(ザ・ボスを超える兵士)”の称号が与えられた20世紀最強の兵士

そしてその最強の兵士を複製しようとした計画が、1972年に行われた”恐るべき子供達計画”で、その計画によって産まれた子供がソリッド・スネークであり、リキッド・スネークになります。

 

最強の兵士を創る計画が1976年に何等かの形で破棄され、それぞれが全く別の運命を辿ることになったソリッドとリキッド。

MGS5をやって後では、2人の運命の残酷さを感じられずにはいられません。

 

 

ソリッド・スネーク

 

1

 

メタルギアシリーズの主人公にして代表的人物

後にオールド・スネーク(MGS4)と呼ばれるようになったこの男こそが、シリーズ全ての主人公を務めているスネークだと思っている人も多いと思います。

 

そんなソリッドの少年時代なのですが、リキッドと違い詳しくゲームで紹介されたことがないため正確な事実と言うのは現在はまだ分かっていませんが、一応文庫本では、、

 

1. 10歳まではアメリカ・オハイオ州で訓練を受けながら過ごす

2. 19歳でグリーンベレーの一員として湾岸戦争に参加、後にFOXHOUNDに入隊

3. その後はシリーズを通じての活躍通り(アウターへブン蜂起、ザンジバーランド騒乱など)

 

となっていて、経歴を見る限りでは少年時代→軍隊という至って普通の人生を歩んでいるように見えますね。

まあ実際戦場でも常に冷静な判断、皮肉たっぷりのジョーク、女、タバコが好きといった人間らしい側面が見えまくっているキャラクターですので、特に不自由したことは無いのではないでしょうか。

恐るべき子供達計画の破棄によってアメリカに渡ったソリッドは、リキッドの少年時代に比べてかなり恵まれているように感じます。

 

 

リキッド・スネーク

 

2

 

ソリッドは結果的に良かったとして、問題はこの男です。

事あるごとに”刺す”とか言って本気でヴェノムを殺そうとして、サヘラントロプスを使ってマザーベースを脱走、挙句の果てには世界を敵に回すとの発言・・。

生涯生きる目的のごとく武装蜂起を仕掛ける男は子供時代から狂っています、、超がつくクソガキです。(笑)

 

そんなリキッド、エンディングでの年表を見て思ったのですが、

これ↓

2

 

イーライ(リキッド)ところを見ると、、

 

1974年・・・イーライ、イギリスへ

1979年・・・イーライ、アフリカで消息を絶つ

 

こうなっています。

ソリッドはアメリカ、リキッドはイギリスへ渡ったまでは良かったのですが、、リキッドは7歳にしてアフリカで消息不明

7歳、、日本で言えば小学1年生の年齢にして既に普通ではなくなっていますね。(笑)

 

その後はTPPで出ていた通り、ある村のコマンダーとして指揮っていたところをヴェノム・スネークによってマザーベースへ連れていかれるのですが、、問題は彼がいつ自分がビッグボスの息子で恐るべき子供達計画によって産まれた人間だと言うことに気づいたのでしょうか。

TPPでは遺伝子検査を行ったとのカセットテープがありましたが、今作のスネークはヴェノム・スネーク。

2人のDNAは一致するわけがないので、遺伝子検査のデータを見てもヴェノム・スネークが自分の父親だとは思わないはず。

しかしリキッドはヴェノムの事を”親父”と呼んでいた・・。

 

だとすればリキッドは既に自分がビッグボスの息子であることに気づいていた可能性が高いですね。

気づいたのはおそらくアフリカへ消息をたった7歳の頃

後にリキッドの遺伝子に関する誤解であった訳ですが、結果的にこの事実を知ってしまったことが後の人生に大きな影響を及ぼしました。

自分がビッグボスの劣性遺伝子を受け継いで産まれた子供(実際はソリッドが劣性、リキッドは優性)だという運命を恨み、親父であるビッグボスを恨み、兄弟であるソリッドを恨み、そして親父が成し遂げられなかった武装要塞国家「アウターヘヴン」の実現を目指す。

幼少期に生まれたあらゆることへのコンプレックスがリキッド・スネークの生きる原動力であり目的であり続けたように思います。

 

まとめ

 

ソリッド・スネークリキッド・スネーク

こうして見てみると結局2人の運命を分けたのは、”知っていたか知らなかったか”の違いに尽きると思います。

リキッドの遺伝子勘違いはあったものの、早い段階で大人達の計画によって自分たちが産まれたことを知ってしまった少年と知らずに普通の少年時代を過ごした少年。

たった1つの違いですが、この1つの違いこそが2人の生涯の人生であり、メタルギアシリーズという物語。

運命とはほんの小さな出来事から大きく変わるものなんだと痛感しますね。

 

MGS関連の記事はこちら

MGS5 : TPP ストーリーの評価と考察・続編の可能性

MGS5 : TPP 攻略 メディック=ヴェノム・スネーク

MGS5 : TPP 攻略 イーライ・マンティス・ヴォルギン大佐

MGS5 : TPP 攻略 クワイエットの正体と謎

MGS5 : TPP 攻略 パスが生きていた理由

スポンサードリンク




コメントを残す