MGS5 : TPP 攻略 メディック=ヴェノム・スネーク

5MGS5、時間はかかりましたがようやく真のエンディングを見ることができました。

ビッグボスの影武者、目的、本物のビッグボス・・。

第1章をやっていた時から気になっていた真実についてまとめていきます。

スポンサードリンク




 

世界を売った男の真実

 

3

「事実なるものは存在しない。あるのは解釈だけだ。ーフリードリヒ・ニーチェ」

自分におきた出来事にどのような意味を持たせるのかはあくまでも本人次第・・、それぞれに意思に従って人生を歩むメタルギアの主人公達ピッタリの言葉かもしれません。

 

というわけで購入してから10日後、、時間はかかりましたがようやくクリアしました。

ハマりまくって夢中で進めた第1章、エクストリームばかりでやや嫌気がさした第2章、、それ以外のサイドオプスミッションなど色々ありましたがここに真実が明らかになりました。

 

2

エンディングにあたるエピソード46エピソード1と同じ病院での脱出劇。

基本的な内容は最初にやったものと同じなのですが、、

 

2

最初との違いがここ!!

主人公の顔がスネークではなく最初にクリエイトした僕のキャラクターの顔になっていますね・・。

 

1

そしてそのクリエイトした顔をスネークの顔に手術

エピソード1ではスネークが手術→クリエイトキャラの顔になる予定でしたが、実際はクリエイトキャラが手術→スネークの顔になったことがわかります。

 

1

そしてその後は最初と同じく、クワイエットが侵入して暗殺しようとしたところを例の包帯男が救いそのまま病院を脱出。

ここまでは同じだったのですが、、

 

1

2つ目の違いはここ!!

車が衝突して目を覚ました時には既にいなくなっていた包帯男ですが、どうやら先に救出されていた様です。

しかもオセロットに、、

「ボス こちらへ 早く」

って・・、まあ声で何となくは分かっていましたがここで真実が明らかになります。

 

2

そう、”包帯男=ビッグボス”という真実が・・。

本物のビッグボスは頭部に破片など刺さっておらず、凄く綺麗な顔をしています。(笑)

 

”ビッグボスが生きている”

その真実を周囲の人間が知ってしまった以上、必ずまた命を狙われる。

 

1

その事を危惧した結果、オセロットに用意されたバイクに乗ってどこかに行くことになります。

その後、ビッグボスは名前をキャラクリエイトした人間の名前に変更するのですが、、

 

1

ここで僕は1つ重要なミスをしていました。

キャラクリエイトしたときに名前をつけるのですが、僕はそこで”BIG BOSS”とつけてしまったので名前がビッグボスになっています。(笑)

まあジョン・ドゥとかネイキッド・スネークとかつけなかっただけマシなのですが、この名前では身を隠せないですね・・。

 

1

とまあそんな個人的事情はあったものの、こういった事情からスネークのファントム(影武者)、、”ヴェノム・スネーク”が誕生しました。

つまりこの”ヴェノム・スネーク”はプレイヤー自身、僕達自身がビッグボスのファントムだと言うわけです。

 

1

ちなみに僕達・・ビッグボスのファントムは、設定上ではGZにてパスの爆弾除去をしていた衛生兵

なので”僕達=メディック”です。

 

そして最後に、、

 

1「From the Man Who Sold the World(世界を売った男)」

ビッグボスからのテープを聞きます。

 

1

 

2

「お前は俺であり お前は俺だ - BIGBOSSだ!!」

ここは痺れましたね~。

 

ビッグボスとして生きていくメディック、どこかに身を隠すビッグボス。

MGS5 : TPPはビッグボスのファントムとして生きていくメディックの物語だったというわけで、今作は完結となります。

 

 

まとめ

 

ストーリーに関してはかなり賛否両論の意見があるので、これは別の記事にて考察をしたいと思います。

小島監督の集大成となるMGS5 : TPP。

個人的には本当に面白い作品でした、ありがとうございました。

 

MGS関連の記事はこちら

MGS5 : TPP 攻略 イーライ・マンティス・ヴォルギン大佐

MGS5 : TPP 攻略 スカルズの倒し方!!

MGS5 : TPP 攻略 バディの親密度・強さを色々比較

MGS5 : TPP 攻略 パスが生きていた理由

MGS5 : TPP 攻略 クワイエットの正体と謎

スポンサードリンク




コメントを残す