PS4期待の新作”マッドマックス” 海外ではやや低評価・・

5今年の10月に発売予定のゲーム版”マッドマックス”。

今年の6月に公開されたシリーズ第4作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に続くゲームでの発売だけに期待している人も多いのではないでしょうか。

かくいう僕もその1人です。

スポンサードリンク




 

まるでFalloutのような世界観

 

6月に公開された映画を見た後に知ったのですが、マッドマックスってシリーズ映画なんですね。

なんでも最初の映画は1979年とかなり古い時期に公開されており、今回は実に27年ぶりの新作だったんだとか・・。

どうりで知らないはずです、はい。

 

5

 

この映画なんですが、まあ簡単にストーリーをまとめると、、

荒廃した近未来という舞台で、なんか砂漠にいる悪い暴走族達がヒャッハーしながら世界を占領している中、それに嫌気がさした主人公のマックスが自由を求めて逃走する物語・・ちょっと忘れかけていますが、まあこんな感じの話です。

一応シリーズとして話は繋がっていて、Huluで最初の作品をちょっと確認してみたところ、最初は愛する家族がいて、シリーズ最新作ではその愛する家族を奪ったヒャッハー集団への復讐の物語だったんだと理解しました。

 

しかし映画といい、最初の作品といい、見ていて思ったのですが、荒廃した近未来という世界で資源も枯渇していて秩序も崩壊、、そしてヒャッハー集団にマッチョやむっさいおっさん達・・。

この世界設定Falloutソックリにそっくりでありませんか!!

と、まあ気になったので少し調べてみると、どうやらというか、やはりというべきか、、Falloutはこのマッドマックスを参考にして作られた作品のようですね。

どうりで僕が好きなはずでした。(笑)

 

とりあえずこんなFalloutの元になった映画のゲーム版が出てくれるという幸運に恵まれたんで、このゲームは買わないわけにはいきません。

 

戦闘が単調?

 

というわけで購入することが決定したマッドマックスなのですが、国内版は発売が海外から1ヵ月遅れの10月1日・・。

ということは海外ではもう発売しているだと、、だったらSteam版なら日本でも購入可能じゃないかとアクセスしてみたものの、日本からでは買えないまさかの“おま国”状態。

 

つまり、日本で手に入れられるのはコンシューマー版のみで、そして来月まで発売を待たなければなりません。

まあ今月はMGS5があるからまだ良かったのですが、昨今のこの“おま国”状態はそろそろ辞めて頂きたいです、マジで・・。

5

 

とまあ気長に待つことにして、先に発売された海外ではさっそくレビューが出ているのですが、思っているほどは高くないですね・・というよりは結構低いです。

単調な戦闘とミッションであることが今回の評価に繋がっているようなのですが、この辺りは映画のゲーム版なんである程度はしょうがない気がしますね。

 

どちらにせよ購入するともう決めてあるのでとりあえずPS4版はプレイしてみようと思います。

時間があればレビューもするので、よかったら見て下さい。

 

スポンサードリンク




コメントを残す