ドミネーションズ 攻略のコツ ~国家の文明比較~

8ドミネーションズをプレイ初めて3日目。

時間短縮のためにクラウンの力を活かしながらなんとか鉄器時代まで進めることができていよいよ国の選択まできました。

今回はここで迷っている人、初心者の人(僕もですが、、)のために今回はCivの知識をもとに国の比較をしていきたいと思います。

スポンサードリンク




 

鉄器時代以降は国を選択して進める

 

初日にチュートリアルから石器時代を、

詳細はこちら→”ドミネーションズ -文明創造-” 初見プレイ評価と感想

 

2日目に序盤の山場である青銅器時代を、

詳細はこちら→ドミネーションズ 攻略のコツ 序盤〜青銅器時代

 

そして3日目の今日は鉄器時代ということでいよいよ国選択になるのですが、ここで迷う方は多いのではないでしょうか。

一応選択できる国は全部で8つ・・ドイツ、ローマ、イギリス、ギリシャ、フランス、日本、中国、韓国となっていますが、それぞれの国に特徴があり、長所と短所もそれぞれ違いますので何を重点的におくかで選択する国は変わってくると思います。

戦国乙女3配信中

 

~国家比較~

 

1.ドイツ

4国の特徴

ユニークユニット: バンダル(攻撃力ボーナス)
ラリー機能のクールタイムが5秒減少
ラリー機能を維持する時間が100%増加
勝利したら次回攻撃力+10%ボーナス

 

Civではビスマルクに率いられる軍事国家でしたが、ドミネーションズでも同様に軍事力・・すなわち戦闘力に特化した集団と考えてよさそうです。

国を守るというよりは敵地を攻めて戦利品を奪っていく。

攻めて攻めて攻めまくる、最強の軍事国家を作りたい人にはドイツがピッタリです。

 

2. ローマ

1国の特徴

ユニークユニット: レギオン(体力にボーナス)
総兵士の数 + 10%

 

Civで猛威を振るった固有ユニット「レギオン」は今作にも登場しており、ドイツに負けず劣らずの軍事国家であるローマ。

大規模な戦闘に向いている国家であり、国が大きくなればなるほどその軍隊を凄みを増していきます。

圧倒的な戦闘力で偉大なる“ローマ帝国”を築きあげたい人にはお勧めです。

 

3. イギリス

6

国の特徴

ユニークユニット: ロングボウマン(射距離+1)
略奪の資源+10%

 

イギリスと言えばCivでは海軍を活かした機動力が売りだったのですが、ドミネーションズではボウガンや銃を使った遠距離攻撃を得意としているようですね。

国の特徴に略奪の資源+10%があるのを見てわかる通り、これはどんどん戦争を仕掛けていけばいくほど資源が溜まっていく仕組み。

その昔、どんどん各国を植民地にしていったイギリスのように、プロの侵略者になりたい人にはお勧めの国です。

 

4. ギリシャ

1

国の特徴

ユニークユニット: コンパニオン(体力と攻撃力にボーナス)
全てのアップグレードや研究にかかる資源が5%減少
無料の即時完了が 15分+5分(時代別+5分)

 

Civでは世界中を敵に回すような征服国家でしたが、今作では資源の効率化など内政的なところを長所にもったギリシャ。

資源の5%減少、無料の即時完了など少ない資源で効率的に文明を発展さしていくことができるので、経済的な観点から見ると最も優れた国家。

戦闘よりも国の経済発展を頑張りたい人向けの国ですね。

戦国乙女3配信中

 

5. フランス

5

国の特徴

ユニークユニット: シュバリエ(体力にボーナス)
兵営の訓練スピード+20%
同盟の支援+3

 

偉大なるナポレオンに率いられたフランス軍を僕はCivではかなり気にいっていましたが、ドミネーションズではドイツ同様に軍事国家となりますね。

国の特徴にある同盟の支援+3は自分の入ってるギルド次第ではかなり美味しいスキルですが、それ以外の面でドイツほど戦闘には優れていないため、よくも悪くも上級者向けの国のような気がします。

 

6. 日本

5

国の特徴

ユニークユニット: 武士(最強の近接攻撃力)
タウンセンターが防御する(タワー)
侵略された時のシールド時間が+25%

 

Civでは織田信長を「Oba Nobunaga」という惜しい間違いがネタにされましたが、今作ではそんな間違いはありません・・ないはずです。

ドミネーションズでの日本の特徴は何といってもその防御力。

ドイツ、ローマ、フランスと攻めに特徴がある国が多い中、守りに特化した日本はある意味で特殊な存在ですね。

ギリシャ同様に内政的なことを頑張りたい人には向いている国です。

 

7. 中国

5

国の特徴

ユニークユニット: チョコヌ (攻撃速度にボーナス)
市民(大工)+1
時代別、タウンセンターのディフェンダーが増える

 

世界の5分の1近くの人口を有する中国は、ゲームの世界でも圧倒的な人口を誇ります。

市民の数が他国に比べて圧倒的に多いため、経済攻撃守備をどれもうまくカバーできる非常にバランスに優れた国家。

今回のゲームで最も初心者に適した国だと個人的には感じています。

 

8. 韓国

2

国の特徴

ユニークユニット: 花郎(攻撃力+40%)
戦術+1
略奪されたら資源の10%を返してもらう

 

今回日本・台湾・韓国版の配信と共に登場した韓国。

Civでは何故か戦闘力が意外に高かった印象ですが、今作では“化学強国”として戦略国家の設定になっています。

ただ、ローマのようなゴリ押しは難しそうなので、こちらもフランス同様に上級者向けの国家ではないでしょうか。

 

 

こんな感じで国をまとめていきましたが、改めて見てみると結構特徴が違います。

 

攻撃・・ドイツ、ローマ、イギリス、フランス、韓国

守備・・日本

経済・・ギリシャ、中国

 

3つに分けてみるとこんな感じでしょうか。

僕がこの中でお勧めするとすれば、経済力に優れたギリシャ中国が初心者~上級者まで幅広く楽しめていいと思いますね。

勿論母国である日本、偉大なるローマ帝国などロマンに溢れる国家も魅力的ですので一度はやっていたい、、

Civでもそうでしたが、結局どの国でも面白いので時間がある人は順番に全部やってみてもいかもしれません。

 

まとめ

 

今回はここまでになります。

僕も日本の某ギルドに入っていますので会った人はよろしくお願いします。

 

ドミネーションズの他の記事はこちら

ドミネーションズ 攻略のコツ ~クラウンの効果的な使い方~
ドミネーションズ 攻略のコツ 序盤〜青銅器時代

スポンサードリンク




コメントを残す