【ポケモンGO】個体値 XLとCPは関係ない??

20160722_015333000_iOS配信開始されてから本日で1週間ですが、日本中でポケモンブームが起こっていますね。

街を歩いていても子供~大人までポケモンポケモン…。

今回はそんなポケモンの気になる情報をまとめてみました。

スポンサードリンク




 

ポケモンGOの個体値について

 

熱心なポケモンファンならば当然知っている個体値ですが、

GOから入った人や今まで軽く遊ぶくらいだった人には馴染みのない個体値という言葉。

 

簡単に言うと”ポケモンに設定されているステータスの値”です。

値は同じポケモンでも値が若干変わっていて、

これにより強さの上限がかわってくるので、

熱心なポケモンファンならいい個体値のポケモンがでるまで”厳選”を繰り返すという作業がよくおこなわれています。

 

勿論、そこまで熱心に遊ぶ必要はなく、

気軽に遊びたいという人も多いと思いますが、

個体値については知っておくと色々と便利なので紹介していきます。

 

CPとは??

 

20160722_031430000_iOS

CPはポケモンの強さを表します。

しかしCPはあくまでも現在の強さであって、CP=個体値ではありません。

実際に同じCPを比べて見ても、

ステータスには差があります。

例↓

20160728_123151000_iOS

20160728_123154000_iOS

ヒトデマンのCPは同じですが、ステータスはそれぞれ違います。

 

つまり現在は同じCPのヒトデマンですが、

個体値の強さは違うので育てていけばCPにも差がでてきます。

 

現在の情報だと個体値の幅は0~15程度とのことですが、

バトルでより効率よく勝利すること、

より強いポケモンを育てたければ、この個体値というものを意識してみるといいでしょう。

 

重さと高さは個体値には関係ない??

 

ポケモンGOのポケモンにはCP以外にも重さと高さがありますが、

ポケモンを捕まえると”XL”とか”XS”みたいなサイズ表記がされてあるポケモンが中には存在します。

例えば下の2匹のゼニガメ↓

 

20160728_115411000_iOS

20160728_115418000_iOS

どちらも野生で捕まえたゼニガメですが、

CP・重さ・高さの値が全て違っていて、上のゼニガメの重さ・高さはそれぞれXLと表記されています。

この重さと高さなのですが、

 

XS:HPが低くて素早さが高い

XL:HPが高くて素早さが低い

 

という説がファンの間では有力な見解として見られていて、

それが本当なのかどうかというのがファンの間で議論を交わされていました。

 

そして最近になり、、

ようやくこの問題を検証してくれた人が海外にいたので、

その情報を参考にXL問題について書いていきます。

 

結論から言うと、

ポケモンGOにおける重さと高さ、すなわちXLかXSといった値は個体値とは関係ありません。

 

理由としましては、重さがXSのポケモンと通常のポケモンを比べた時、

CPが同じにも関わらず、XSのポケモンのほうがHPが高かったというのがその大きな理由のようです。

もし、上に書いてある重さ:高さが個体値説が正しければ、

XSのポケモンは通常のポケモンよりHPが低くなります。

つまり、XSのポケモン≠HPが低いということにあり、

重さや高さがHPには影響しないという結論に達したということです。

 

また、ポケモンは進化した際にもサイズが変わります。

20160723_122850000_iOS

20160723_122919000_iOS

重さがXLだったドード―が、進化してドードリオになるとXSにかわりました。

このことからも、サイズ≠個体値という説はより説得力を増します。

なので、無理して進化させる前に強化させる必要はありません。

どのタイミングで進化させてもOKです。

 

まとめ

 

・CP=個体値ではない

・重さと高さはポケモンの個体値には関係ない

・進化するとサイズが変わる

 

次回以降、

個体値の算出方法、ツールの使い方などについては次回以降解説していきます。



スポンサードリンク




コメントを残す