ポケモンGO プレイしてみたレビュー・感想

20160722_015333000_iOS世界中で社会現象を巻き起こしているアプリ”ポケモンGO”が本日、日本で配信開始されました。

まだかまだかとずっと待ち続けていたアプリだけに、Twitterなど見ても話題はポケモンGO一色ですね。

スポンサードリンク




 

世界中が熱狂する今年再注目アプリの登場!!

 

ポケモンGOがついにリリースされましたね。

一足早く海外でリリースされ、

わずか1週間で6500万DLを記録している社会現象アプリだけに、

本日の話題はどこを見てもポケモン一色です。

 

GPSを使ったアプリだけに、

そこから起こりうる社会問題など色々懸念はありますが、

期待のアプリを早速プレイしてみました。

 

街でポケモンを捕まえる

 

ポケモンGOは簡単に言うと、

位置情報(GPS)を使ってスマホでポケモンを捕まえて集めるームです。

 

20160722_032357000_iOS

グーグルマップ同様、

現実世界の街のマップがあり、その街のいずれかの場所でポケモンが出現します。

街は自分が住んでいる場所、居る場所に連動しているので、

都市によって出現するポケモンやポケスポットの場所は違います。

 

20160722_021257000_iOS

野生のポケモンは街にランダムで出現するので、タップすると上の画面に移動。

ここでボールを投げてポケモンを捕まえていきます。

戦いなどは基本的になく、ボールを投げて捕まえるか逃げるかの2択になります。

 

20160722_031425000_iOS

捕まえたポケモンは図鑑に登録されます。

ポケモンは場所や気温、地域によって登場しやすい傾向などに違いがあるので、

人によって捕まえられるポケモンにはかなり差がでるのではないでしょうか。

 

20160722_033152000_iOS

とりあえずちょっと街を歩き何匹か捕まえてみましたが、

僕の周りではドード―が多かったのですが、

ダブついたポケモンなどはポケモンの強化に使えるので、あんまりダブつきは気にする必要はありません。

出現難易度にも違いがあり、珍しいポケモンは当然ですが捕獲確率も低くなります。

 

ポケスポット

 

街のどこかにポケスポットと呼ばれる場所が存在していて、

そこでボールやアイテムなどを補充します。

 

ポケスポットで入手できるアイテムはレベルに応じて変化する仕様となっているので、

レベルを上げていくとレアなアイテムをGETできます。

また、ポケスポットは一度訪れた場所でも5分くらいするとまた再度アイテムが入手できるようになるので、

近くにポケスポットがたくさんある人ほど有利な仕様となっています。

 

ちなみに僕は部屋の中から1つのスポットにアクセス、

徒歩1分圏内に2つスポットにアクセスできるようなので、

立地的には結構有利です。(都内在住)

 

Twitterなどの情報を見ると、

都会と田舎では結構格差があるなんて情報もあるので、

この辺りの地域格差が現状の課題の1つではないでしょうか。

 

20160722_033202000_iOS

またタマゴもポケスポットから入手できます。

孵化させるためにはアイテムの「ふかそうち」にタマゴを入れ、

一定数歩くとタマゴからポケモンから出現します。

 

「ふかそうち」は初期から無限に使えるものが1つありますが、

複数のタマゴを同時に孵化させるためには課金して購入する必要があります。

回数に使用制限がありますが、

簡単に手に入るボールよりも課金する価値はありそうです。

 

ジム対戦とポケモンの強化

 

ポケモンを強くするには、HPとCPをアップさせるには強化する必要があります。

ポケモンを強化するには捕獲した時に入手できる「ほしのすな」「○○のあめ」が必須。

「○○のあめ」は同系統のポケモンを捕まえた際に入手できるので、

同じポケモンを捕まえる作業は無駄ではありません。

 

また、育てたポケモンでバトルすることができます。

ジムバトルは街のところどころに滞在しているので、

レベルを上げて強化したら挑戦してみましょう。

 

まとめ

 

とりあえずサクッと30分ほど街を歩いてのプレイとなりましたが、

ポケモンを捕まえる楽しさだけでなく街の名所めぐりやウォーキングなど、

ゲーム以外の楽しさや作業と結びつけられるのは大きな利点です。

また、ポケモン世代だった僕のような人間にとっては、

懐かしさや新鮮さを感じる人も多いのではないでしょうか。

 

その反面、歩きスマホ問題や通信制限、そして上あげた地域格差など、

少なからず問題点もチラホラ存在しています。

 

初日ですが街ではすでにたくさんの人がGOをプレイしており、

日本でも大ヒットの状況はほぼ確実。

 

プレイ人口の数を考えると問題はでてくるとは思いますが、

久しぶりに登場した社会現象ゲームなので、

より長く楽しめるゲームになってほしいですね。

 

8月注目アプリ

 

8月1日配信の”攻城!三国×戦国クロスバトル!”

事前登録数10万人を突破している来月注目のアプリ。

事前予約キャンペーンなので気軽にどうぞ↓

 

iPhone版

Android版

 

スポンサードリンク




コメントを残す