野球つく!! 攻略 序盤にやるべきこと ~施設発展編~

IMG_1322野球つく!!、今回は施設発展編です。

野球チームの育成と同じくらい重要な要素である施設の発展ですが、今回は基本的にやり方について書いていきます。

スポンサードリンク




 

施設の発展

 

20160630_100031000_iOS

野球つくには選手の育成だけでなく施設の発展要素もあります。

球場練習施設飲食店娯楽施設などなど、、

人口やお金を増やして街を発展させることにより、球団をより大きくすることができます。

 

施設の発展は施設の数だけでなく、

施設のレベルも重要。

 

20160702_082136000_iOS

すでにたっている既存の施設を大きくすることもできるので、

積極的にどんどん発展させていきましょう。

 

街づくりのルール

 

1. 施設の同時建設は3つまで(※序盤)

 

20160630_100547000_iOS 1

街づくりのルールとして、

基本的に施設の建設&レベルアップは同時に3つまでしか行えません。

※レベルが上がれば同時に建設できる施設の数は増える

 

上の画像のように、

球場、スカウト施設、練習場施設など、

メインとなるべく施設のレベルを上げるには時間がかかります。

なので、大きな施設のレベルを上げるのはゲームをやめる前など時間をあけても大丈夫な時にして、

プレイ中は建設できる施設をたくさん建てていったほうが効率がよさそうです。

※コンビニなどはすぐに建設可能

 

2. 施設には相性がある

 

隣接する施設には相性のいいものと悪いものがあります。

 

20160702_081515000_iOS

例えば上の画像の場合は、隣接する施設のマークがになっています。

この状態だと、施設効果がそこまで見込めません。

 

20160702_081037000_iOS

逆に上の画像の場合は、

隣接する施設がマークとなっているので相性がいいです。

この状態だと施設の効果が相互にアップするので、

施設を建設する際はなるべく相性のいいもの同士をくっつけるようにします。

 

3. レベルが5上がるごとに面積が広がる

 

まだレベルが序盤なのですが、

施設を建設できるスペースはオーナーレベルが5上がるごとに大きくなっていくようです。

広がる面積は1辺2列分となっているので、

街やチームをどんどん発展させていけばいくほどさらに大きな街へとなっていきます。

 

まとめ

 

街づくりの施設に関しては、

相互アップを気にしながら満遍なく建設していけばいいと思います。

まだ序盤なのでやれることは少ないですが、

ここからどんどん大きくしていきたいですね。

 

おすすめの野球アプリ

 

育成対戦ゲームとして人気の”僕らの甲子園 ポケット”

育成要素、やり込み要素はもちろん、

キャラクターもポップで親しみやすい500万DLの人気アプリです。

 

iPhone版↓

Android版↓

スポンサードリンク




コメントを残す