野球つく!! リセマラは必要ない

IMG_1322野球つく!! のアプリ版が本日リリースとなりました。

すでに今月初めにPC版ではリリースされていましたが、今回はアプリ版でのプレイを元に記事を書いています。

スポンサードリンク




 

野球つく!! にリセマラは必要ない

 

”野球つく!!”が本日アプリでリリースされました。

僕自身、”サカつく”はプレイ経験がありましたが、

プロ野球チームをつくろう関連のシリーズはこれが初プレイとなります。

 

それで早速やっていくわけですが、

最初にいっておくと、野球つく!!でのリセマラは必要ありません。

というよりもそういった概念が存在しません。

 

スマホアプリでは当たり前の概念として存在しているリセマラですが、

野球つく!!ではアインストールしてもデータは継続されて残っていますので、

最初に選択したチームを今後もずっと継続して使うようになります。

 

<簡単な流れ>

 

IMG_1326

最初に自分の好きなプロ野球チームを選びます。

僕の場合は、ヤクルトファンなのでヤクルトを選択。

 

IMG_1329

そうすると、

最初にスカウトが山田哲人を獲得してくれます。

 

ソフトバンクや日本ハムでもやってみたのですが、

柳田や大谷が当たったところを見ると、

一応チーム最高のスターと見られる選手をくれるようになっているみたいですね。

 

ただ、チーム最高の選手でもコストは違っていて、

最高ランクの10である選手は決まっているようです。

 

<コスト10>

・山田哲人 (ヤクルト)

・柳田悠岐 (ソフトバンク)

・大谷翔平 (日本ハム)

・藤浪晋太郎  (阪神)

 

もし、特別贔屓の球団がないのであれば、

これらの選手が所属するチームを選ぶのも一つの選択肢ですね。

 

IMG_1333

山田を獲得した後、

ガチャを一回引くとライアンがでてきました。

こちらもおそらく固定のようなので、

投打の柱をそれぞれ1人ずつ獲得できる仕様となっているようです。

 

まとめ

 

今回は以上になります。

 

試合や運営の管理などは、

みた感じだとサカつくとよく似ている感じなので、

地道に継続してやっていこうかなと思います。

 

おすすめの野球アプリ

 

育成対戦ゲームとして人気の”僕らの甲子園 ポケット”

育成要素、やり込み要素はもちろん、

キャラクターもポップで親しみやすい500万DLの人気アプリです。

 

iPhone版↓

Android版↓

スポンサードリンク




コメントを残す