【シャドウバース】プレイング最難関の冥府エルフデッキ!!

9シャドウバース、今回は冥府エルフデッキについてです。

冥府デッキは以前にウィッチで一度紹介しましたが、

今回は今話題になりつつある冥府ウィッチを紹介します。

スポンサードリンク




 

プレイング難易度は最難関

 

これまではほとんど使用者にいなかったエルフですが、

ランク戦が落ち着いてきた最近では少しずつ使用者が増えてきています。

 

対戦していて比較的よく見るのは多いのはリノセウスを使った速攻型のコンボエルフですが、

今回は”冥府への道”を使った冥府エルフの紹介です。

ウィッチのようにスペルの使い切りではなく、

恵まれたドローアドバンテージを最大限に活かしたデッキになります。

 

低コストカードフェアリーが墓場にいく主なカード群になるのですが、

元々コンボが前提でプレイングの難しいエルフデッキだけに、

墓場にいくカードまで計算しながら戦う冥府エルフはシャドウバースの中でもプレイングが最難関

 

ただ、これぞTCGって感じで非常に可能性を秘めた面白いデッキでもあります。

 

デッキレシピ

 

スクリーンショット 2016-06-30 2.10.05

スクリーンショット 2016-06-30 2.11.16

墓場に30枚持っていく必要があるので、

カードは全て低コストで構成されています。

基本はコンボエルフの時に使用したカードが中心となっているのですが、

冥府デッキに必須な”新たなる運命””冥府への道”

そして収穫祭などのドロースペルなどをデッキに加えています。

”冥府への道”は、

新たなる運命で墓場にいっても大丈夫なように3枚フルで組み込んでおきます。

 

キーカードは上にもあるように、

”新たなる運命”

”冥府への道”

そして”ベビーエルフ・メイ”

 

あとはどのデッキにも使用されるフェアリードローカードは外せません。

シャドウバースは手札制限が8枚で、

8枚を越えると墓場にいくのですが、

冥府デッキの場合はそれで構わないのでどんどんカードを引いていきます。

ただ、冥府への道が複数枚墓場に行かないように注意だけはしてください。

1枚は構わないのですが、

なるべく新たなる運命で墓場へ持っていきたいので、

そのあたりの手札管理は重要になってきます。

 

プレイング

 

<序盤>

基本はマリガンで1コスカード、フェアリードローカードを揃えにいきます。

そして序盤でキーとなるカードがベビーエルフメイ。

ミッドレンジデッキが主流とはいえ、

アグロ系の使用者もいるので最初からフェイスを叩かれまくるとなにもできずに負けてしまいます。

相手のフォロワーを並べさせないように戦います。

 

<中盤〜終盤>

基本は序盤と同じ戦いを継続。

進化はエルフプリンセスメイジで使い、

中盤〜終盤に冥府をだせるように準備。

準備ができるとあとは冥府をだしてフィニッシュとなります。

 

冥府はプレイングが難しいですが、

決まった時の破壊力は抜群で対処法も多くないので、

使用者によっては最強のデッキの1つですね。

 

【シャドウバース】無課金で勝つための戦略・方法

 

おすすめのアプリ

 

2016年度人気No.1アプリ”セブンナイツ”

戦略性と爽快感のある戦闘が人気をよび、

前半戦だけで400万DLを記録したスマホゲームの新たなる代表作です。

 

iPhone版↓

Android版↓

 

無課金でやり込めるおススメアプリ一覧

スポンサードリンク




コメントを残す