【シャドウバース】ドラゴンの特徴・戦略 デッキ編成

9シャドウバース、今回はドラゴンの特徴についてです。

ドラゴンは王道系ではあるものの、β版ではイマイチ人気がなかったクラス。

リリース後はどうかわるでしょうか。

スポンサードリンク




 

ドラゴンの特徴

 

5

ドラゴンの特徴はパワー。

PPを増やして高コストのカードを召喚して相手を倒していく、

そんなパワーデッキがドラゴンの特徴となります。

序盤にPPを増やして、

後半に高コストキャラクターで仕留める。

わかりやすくシンプルなデッキ編成がこのクラスでは向いています。

 

ドラゴンの代表カード

 

1. 竜の託宣

 

4

PPを増やしてくれる軽量スペルカード。

ミッドレンジ型のドラゴンデッキにするならば、

序盤にPPを稼げるこのカードは必須です。

また、ドラゴン特有の能力である覚醒ならばドローカードとしても使えるので、

デッキにはフルで3枚入れておきたいカードですね。

 

2. ドラゴンナイト・アイラ

 

5

こちらはキャラでPPを増やせるカード。

3コス2/2と能力は平均ながら、

破壊時にPP+1がついているのでかなり役立ちます。

竜の託宣と共に、こちらもデッキに組み込んでおきたい貴重なPP増量カード。

 

3. 神龍

 

5

高コストドラゴンにして、ハンドアドバンテージも握れる神龍。

ドラゴンはドローカードが少ないので、

終盤にドローできるカードの存在はかなり貴重。

能力自体はそこそこ高く、ドラゴンカードの中では一番おすすめですね。

 

4. ダークドラグーンフォルテ

 

8

 

最強レジェンドカード。

こいつはマジで鬼畜性能です。

5/1、進化7/3で疾走はちょっとぶっ壊れすぎです。

ドラゴンを使うなら、絶対に欲しいカードですね。

 

プレイング

 

1. 序盤 (1~4ターン)

序盤はPPを増やすことに専念します。

同時に、アグロ系のデッキ対策として守護カードも挟んでおき、

中盤までに勝負を決められないようにしておきます。

 

2. 中盤(5~8ターン)

ミッドレンジからがドラゴンデッキの本領発揮です。

中堅コスのドラゴンを召喚して、一気に制圧を狙いにいきます。

ドラゴン系カードはパワーがあるので、

順調ならこのあたりで決着がつくことも少なくありません。

 

3. 終盤(8ターン目以降)

基本は中盤と同じです。

高コストキャラクターで圧倒しにいきます。

ドラゴン系はやることはシンプルに、

パワーで押しきるのみです。

 

 

ドラゴンデッキは自分のパターンに入ればかなり強いです。

ただ、柔軟性はそこまであるわけでもないので、

テクニカルなカードを多く使ってくる相手は苦手かもしれません。

 

サンプルデッキ

 

パワードラゴン

 

・アイボリードラゴン×3
・ドラゴンライダー×3
・竜のの託宣×3
・ワイルドハント×2
・ドラゴニュートスカラー×2
・ミノタウロス×2
・ベルエンジェル×2
・ドラゴンナイトアイラ×3
・プリズンドラゴン×2
・竜化の秘宝×2
・リザードマン×2
・グリムリーバー×2
・ドラゴンウォーリア×3
・龍の怒り×3
・リヴァイアサン×2
・ダークドラグーンフォルテ×1
・スカルドドラゴン×2
・灼熱の嵐×1

 

β版でのプレイを参考にサンプルで作ってあるデッキです。

リリース直後は中々カードが揃わないと思うので、あくまで参考程度にしてください。

見ている感じだと、ドラゴンはかなり強いカードが多いです。

初期でカードさえ揃えば、一番無双するのはドラゴンかもしれませんね。

 

おススメアプリ

 

今年最も人気アプリ、ドラゴンプロジェクト

こちらはモンスターハンターのような狩りを楽しむハンティングゲーム

モンハンや白猫が好きな人におススメです。

無課金でやり込めるおススメアプリ一覧

 

iPhone版↓

Android版↓

 

【シャドウバース】無課金で勝つための戦略・方法

スポンサードリンク




コメントを残す