【シャドウバース】ロイヤルの特徴・戦略 デッキの組み方

4シャドウバース、今回はロイヤルについてです。

アグロ系で使いやすいロイヤルは、リリース直後は人気になりそうな予感がプンプンしますね。

スポンサードリンク




 

ロイヤルの特徴

 

4

ロイヤルは兵士指揮官などそれぞれの役割がハッキリしているカードが多いのが特徴。

また、○○を1体だすなど、場にキャラクターを増やすカードが多いので、

デッキ回転率がいいアグロ系のデッキが向いています。

基本的に細かいコンビネーションではなく、純粋な戦闘力で相手を圧倒していくタイプなので、

初心者~上級者まで幅広く使われるクラスになることが予想されます。

 

ロイヤルの代表カード

 

1. 疾風怒濤

 

4

疾風怒濤は、アグロ系のデッキを採用することが多いロイヤルの必須カード。

場に最大5体までキャラがいれば、

わずか2コスで相手の大型キャラまで破壊できる優れた除去カードです。

 

2. ルミナスナイト

 

4

※・・β版かた弱体化

 

こちらもアグロ系必須のカード。

通常だと2コス2/1の平凡なカードですが、進化後の指揮官(ロード)としてのスキルは一級品。

最大+8のダメージを加えられる凶悪カードに進化します。

低コストのキャラが場に並ぶアグロデッキと相性はバッチリのこのカードですが、

相手は真っ先に潰しにくることが予想されるので、

使う時はすぐに進化させることを前提にだす必要があります。

 

3. メイドリーダー

 

5

※・・β版から名前変更しました。

 

ルミナスナイトの優秀なサポート役

メイドリーダーは指揮官カードを手札に加えられるので、

これを使って手札にルミナスナイトを呼び込みます。

指揮官カードはいくつかありますが、アグロ系のデッキを組む場合は、

ルミナスナイトのみに絞ったほうがより効率のいい戦い方ができるのでおススメです。

 

4. ツバキ

 

4

ロイヤルのレジェンドカード

ツバキの最も優れているところはその除去能力で、

ドラゴンデッキなどの対ミッドレンジに対して絶大な力を発揮します。

こちらはアグロ系ではなく、ミッドレンジロイヤルデッキを作成する時に使いたいカードですね。

 

プレイング

 

1. 序盤 (1~4ターン)

アグロ系のデッキを採用ならば、

序盤から積極的にキャラを場にだして攻撃していきます。

相手の守護は基本スペル除去で、

とにかく相手のライフをどんどん削っていきます。

 

2. 中盤(5~8ターン)

 

 

進化のターンに入ると、ルミナスナイトを場にだして進化させます。

ルミナスナイトを引けない場合でも、

メイドジェネラルがいればほぼ手札にはやってきます。

長期戦になると圧倒的に不利なので、理想は相手の切り札が場に出る前に勝利です。

 

サンプルデッキ

 

ルミナスロイヤル

 

・ルミナスナイト×3
・メイドジェネラル×3
・ケンタウロスヴァンガード×3
・クイックブレーダー×3
・ニンジャエッグ×3
・ヴァンガード×3
・不屈の兵士×3
・オースレスナイト×3
・歴戦のランサー×3
・クノイチェッグ×3
・疾風怒濤×3
・アセンティックナイト×3
・激動の舞×2
・剣豪×1
・ツバキ×1

 

β版でのプレイを参考にサンプルで作ってあるデッキです。

リリース直後は中々カードが揃わないと思うので、あくまで参考程度にしてください。

ちなみになんですが、アグロ系のロイヤルは他に比べてデッキのコストが低いです。

なので、無課金や低コストで頑張りたい人にはおススメのデッキですね。

 

おススメアプリ

 

カードゲーム人気No.1ハースストーン

シャドウバースの元になったゲームでもあるので、

気になる人は気軽にプレイしてみて下さい。

無課金でやり込めるおススメアプリ一覧

 

iPhone版↓

Android版↓

 

【シャドウバース】無課金で勝つための戦略・方法

スポンサードリンク




コメントを残す