パワプロ2016 パワフェス攻略 決勝の4つのチームを倒す方法

4パワフェス、今回は決勝戦の攻略についてです。

1~4回戦までの戦いをなんとか勝ち抜いたものの、決勝が勝てなくて困っているという意見を頂いたので決勝戦で倒すコツについて書いていきます。

スポンサードリンク




決勝戦攻略

 

今回のパワフェスは決勝まで勝ち進むと、4つのチーム(レッドエンジェルス、西京、黒獅子重工、アンドロメダ)のどこかと対戦することになります。

それまでのように抽選ではなくランダムで決まるため、苦手な相手と当たってしまう可能性も少なからずありますが、それでも倒さないことはには”リベンジャーズ”への挑戦権を手に入れられません。

仲間が強くなって操作に慣れてくればそこまで苦戦することはなくなるのですが、最初の頃は中々キツイと思いますので、今回はちょっとした倒し方のコツについて紹介していきます。

 

1. レッドエンジェルス

 

9

最初に紹介するレッドエンジェルスは、この4つの中では一番数値の高い厄介な相手。

走攻守に高いレベルの選手が多いチームですが、このチームを倒すには先発の神童を攻略することが鍵になってきます。

 

神童の最大の特徴はツーシーム

今作はこの球がかなり厄介で、ストレートと思って振ったのに詰まるシーンが多々でてきます。

ただ、現状としてストレートとツーシームを見極めるのはかなり難しいので、ここはツーシームがきたらしょうがないと思って割り切ってください。

狙う球はあくまでもストレートと変化の小さいカーブ

変化の大きいスライダーと打球の上がりにくいフォークは捨てて、ストライクを取りに来たストレートとカーブに絞っていくのが一番簡単に攻略できるので試してみてください。

 

2. 西京大学

 

5

個人的に一番厄介な相手。

3番滝本、4番清本のコンビが凶悪ですが、この2人を抑える方法として僕は滝本は勝負、清本は全打席敬遠する方針をとっています。

3番の滝本はよく打つのですが、カウントによってはすぐにミートに切り替えてくれるので、際どいコースをついていけば最悪シングルヒットで抑えられます。

しかし4番の清本、、こいつはダメです。

なんせ初球からバンバン振ってくるうえ、基本強振でHR狙いなので捉えられたら終わりです。

なので満塁でもない限りはサッサと逃げて、次の打者と勝負しちゃいましょう。

 

エースの久方に関しては、基本ストレートだけ狙っていれば大丈夫です。

SFFとHスライダーを持っていますが、そこまで変化球中心というわけでもないのでストレート以外は捨てて大丈夫です。

それで十分に攻略できます。

 

3. 黒獅子重工

 

6

黒獅子は上の2つに比べたらずっと楽な相手です。

社長を中心に打撃力こそあるものの、清本みたいなチート級な打者もいないので普通にやっていれば抑えられる相手です。

社長に関しても、社長はボール球も結構振ってくれるので基本は勝負で問題ありません。

ただ、甘い球はスタンドまで持ってかれるので、あくまでも低めのボール気味の球で勝負してください。

 

投手陣は、ハッキリいってかなり弱いです。

1球種のみの変化球とストレート130km~140kmなんてのがほとんどで、大体の場合は問題なく打てるのですが、投球の特徴として投球の8~9割は変化球です。

なので、もし変化球を打つのが苦手だという人はマネージャーに摩夕ちゃんを連れて行ってください。

なんとなくですがストレートの割合が増えるので、より簡単に打てるようになります。

 

4. アンドロメダ学園

 

2

個人的には4つの中で一番勝ちやすい相手。

9に登場した時は鬼のように強かった記憶があるのですが、選手能力もそこまでなのであんまり恐れる必要はありません。

 

アンドロメダの攻略はかなりシンプルで、ズバリ”失投”の狙い打ち。

相手のエース大西はコントロールがかなり悪く、結構な確率で”失投”がきます。

なので、基本は全ての球を捨てて、全て強振で”失投”のみを待っていればほぼ問題なく攻略可能です。

ちょっと強引に見えるやり方ですが、本当に”失投”が多いので、よっぽど運が悪くない限りはこのやり方で問題ありません。

 

まとめ

 

最終的にプレイヤーの腕に頼るところが大きいので絶対とは言いませんが、僕は基本的にはこんな感じで攻略していきました。

もしよければ参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク




コメントを残す