ポケモンコマスター iOS版をプレイした評価と感想 

20160419_141757000_iOS今月リリースされた注目アプリ”ポケモンコマスター”。

先週Android版が先行してリリースされていましたが、1週遅れて本日iOS版もリリースされましたので、早速プレイしてみました。

スポンサードリンク




対戦育成ゲームではなく”ボードゲーム”

 

20160419_141824000_iOS

ポケモンと聞くと、誰もが思い浮かべるのは3DSなどで発売されてる対戦型育成ゲームのポケモンかと思いますが、今回配信されたアプリではチェスや将棋のような”ボードゲーム”

自分の持っているポケモンの特性やスキルを活かしながら、どちらが先に相手のゴールへ到着するかを競うゲームとなっています。

 

”ボードゲーム”と聞くとかなり頭を使うイメージで正直僕もそんなに得意ではないのですが、ルールは単純かつ明快なのでまあ大丈夫でしょう。(笑)

 

ストーリー

 

ストーリーは、とある巨大な島で開催される”PFG(ポケモン・フィギュア・ゲーム)”の世界大会を勝ち進んでいく物語。

ライバルの存在など、従来のポケモンを臭わすようなところもちょくちょくありますが、基本的に対戦を繰り返していくゲームですのでストーリーはあってないようなものですね。

 

また、今流行っているAIを取り入れた(?)システムになってるらしく、そのターンでどんな行動をするか困った時などはAIに行動を任せることができます。

さらにさらにこのAI、、対戦をこなせばこなすほどデータを吸収して強くなっていく超優秀な人口知能のようなので、最悪クリアできない状況になった際でも大丈夫な仕様になっているとかなんとか・・。

戦闘のルール

 

20160419_142222000_iOS

戦闘のルールは極めてシンプル。

フィールドにある自分のゴール(青)と相手のゴール(赤)、先に相手のゴールに到着したほうがこのゲームの勝者となります。

使えるポケモンは全部で6匹で、移動距離、技、スキルなどはポケモンによってかわります。

 

とりあえず例をあげていくと、このハリマロン

 

20160419_143126000_iOS

”2”とある数字が1ターンに移動できる距離で、右のグラフが対戦した際に使う技になります。

 

次にアチャモ

 

20160419_143131000_iOS

アチャモの場合は”3”になっているので、1ターンに移動できる距離が3マスということになります。

 

ちなみになんですが、基本的にポケモンの移動範囲は”2””3”がほとんど。

ただ、だからといって”3”を揃えれば有利というわけでもなさそうなので、そのあたりはパーティのバランスによってかわってきそうです。

 

で、最終的に相手のゴールに辿り着けば、、

 

20160419_143908000_iOS

20160419_143302000_iOS

WIN!!

ルール自体は非常にシンプルですが、戦略だったり運だったり色々な要素が絡んでくるので中々おもしろいです。

対戦は運であり戦略である

 

自分のポケモンと相手のポケモンが隣接すると、対戦を選択することができます。

対戦形式は1対1の駆け引き対戦ではなくルーレット

 

20160419_144701000_iOS

こんな感じで、そのポケモンのステータスの中からランダムでなにかが選ばれます。

種類に関しては、白が攻撃の技とその数値、赤がミスで青が防御、紫が特殊攻撃となっていて、選ばれたものの中で優れているほうが勝利というルールですね。

 

20160419_144924000_iOS

例えばなんですがこの場合だと、”つつく”のほうが”ひっかく”よりも数値が高いので僕の勝ち。

 

20160419_150128000_iOS

この場合では、”たいあたり”よりも”しっぽでぶつ”のほうが数値が高いので相手が勝ちとなります。

これ以外にも、フィールドの相手1匹のポケモンを囲んだ状態になると、ルーレットで対戦することなく自然と相手のポケモンを倒すことができるなど、ボードゲームらしい戦略要素も存在していて結構奥が深いですね。

 

20160419_145236000_iOS

倒されたポケモンはフィールドを離れ、緑のバリアに囲まれた”ポケモンセンター”に置かれます。

この”ポケモンセンター”には最大で2匹までが置かれ、3匹目がポケモンセンターに送られると1匹がベンチ(手元)に戻ってくる形となります。

状況次第では、このポケモンセンターをうまく利用した戦略なども考えられそうな印象です。

 

まとめ

 

やってみての感想ですが、”簡単そうで簡単でなくて運ゲーのような戦略ゲー”という感じです。(笑)

まあ単純に僕の頭が悪いだけかもしれませんが、想像以上に頭を使うので1回の対戦で結構時間がかかりますね。

ただ、運の要素を考慮にいれながら戦略を練っていくのはかなり楽しいです。

 

あとはポケモン収集

やっぱりポケモンの醍醐味といえばここにあるので、今後は強いポケモンを集めるべく地道に作業していこうかなと思います。

 

最後に1つだけ不満点があるとすれば、ややタッチの感度が悪いこと。

僕のiPhoneが原因なのかどうか・・はわかりませんが、若干気になる要素でした。

スポンサードリンク




コメントを残す