ナルティメットストーム4 プレイ感想と評価

5久しぶりの更新となります。

今回購入したタイトルは”ナルティメットストーム4”。

僕が一番好きだった漫画”NARUTO”のシリーズ最新作ゲームになります。

スポンサードリンク




色々とクオリティーがアップしたシリーズ最新作

 

4

ナルティメットスト―ムはバットマンと並んで僕がプレイする数少ない好きなキャラクターゲームですが、今作は原作”NARUTO”終了したとあってシリーズの集大成。

歴代キャラ達が集結する今作は、原作ファンならば買わずにはいられないゲームです。

 

キャラクター数は歴代最多の112人で、上の画像にある六道ナルトを筆頭に、輪廻眼を開眼した六道サスケ、大人のナルト、サスケ、そして映画に登場したボルトやサラダが新たにメンバーとして加わっています。

僕のお気に入りのキャラクターであるシスイ、カブトに穢土転生されたイタチ穢土転生状態ながら今回も参戦しているのは嬉しいですね。

 

4

尾獣惑星螺旋手裏剣・・って奥義、原作でありましたっけ??

この辺りは相変わらずのナルティメットオリジナルですかね。。(笑)

 

戦闘は相変わらずのおもしろさで、エフェクトがかかって最初は少し見にくいところがありましたが、若干グラフィックが綺麗になっているので迫力がより増した印象です。

 

1

原作が最後まで進んだことにより、第7班の”口寄せ三竦み”連携奥義として追加されていたり、、

 

 

5

ダメージに応じて装備が破壊されていったりと、、ところどころ前作に比べて進化しています。

言葉の感じもなんか変わりましたね。

 

1

奥義でトドメをさす、フィニッシュカットインも健在です。

キャラクターが増えていますが、それぞれの相手に応じてコメントが変わるので色々楽しめますね。

 

戦闘はこれまでに比べて大きく変わってはいませんが、エフェクト増加、キャラ増加、奥義のバリエーションが増加してそれぞれがマイナーアップデートされたので、今作も前回同様十分に楽しめる内容と考えていいと思います。

 

ストーリーは原作最後の戦争編

 

ストーリーは前回の続き、、原作でいうと丁度オビトの仮面がとれた後くらいからですね。

 

1

なので、基本使用キャラはナルトとサスケの2人+カカシ、歴代火影あたりです。

ただ、ナルトはこの戦争中に通常、仙人モード、クマラモード、六道ナルトと色々な姿を見せるのでその時その時に応じて使うナルトは変わります。

 

4

6

7

なんかベジータみたいな顔してますね。(笑)

随分迫力が増したんですが、、下のマダラはちょっとNARUTOっぽくない印象を持ってしまいます。。

 

8

1

進行は基本アニメをショートカットした演出ですが、原作の名シーンは今見ても感動する場面がチラホラ・・。

最後の戦争編はややだれた印象だったのですが、今見るとやっぱりNARUTOはおもしろいですね。

 

ストーリー編は今半分くらいですが、クリアしたらとりあえずまた記事をアップしようと思います。

 

まとめ

 

今作もこれまで通り非常におもしろいゲームです。

原作ファンなら絶対に購入をおススメしたいですね。。

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す