ドラゴンクエストビルダーズ 体験版の評価・感想

5ドラゴンクエストビルダーズの体験版が本日配信されました。

以前にドラクエビルダーズの体験版は配信されない・・と言ったのですが、まさかまさかの1週前の突然配信。(笑)

とりあえずどんなゲームか気になっていたので早速プレイしてみました。

スポンサードリンク




ドラクエ1のもう1つの世界

 

8

お馴染みの音楽が流れてくるとやっぱりワクワクしますね。

マインクラフトのようにクラフト作業をしながらストーリーを攻略していく新感覚RPG、”ドラクエビルダーズ”

予想外の体験版配信でしたが、簡単なゲーム内容を確かめるために取りあえずプレイしてみました。

 

8

体験版なのでストーリーがどうなるかわかりませんが、設定は1の続き・・正確にいえば竜王の選択において、、

 

「世界の半分をやろう」

「→はい」

 

を選んだ後の世界になります。

1で”はい”を選ぶとゲームオーバーになるのですが、このゲームでは強制的に”はい”を選択された状態でのスタート。

完全に荒廃してしまった”アレフガルド”の復活を目指してスタートになります。

 

チュートリアル

 

プレイ方法なのですが、ここはドラクエらしく丁寧なチュートリアルから始まります。

 

4

木を拾って、、

 

4

きりかぶの作業台で武器となる”ひのきのぼう”を製作。

 

7

作った”ひのきのぼう”で、ブロックを壊して素材を入手。

ブロックは土のものは基本全て壊せるようです。

 

8

9

壊したブロックは自分の好きな場所に設置することができます。

壊す→素材を入手→配置&製作

シンプルですがこれがドラクエビルダーズの基本操作で、この基本さえ覚えておけばこのゲームは問題なく遊べそうですね。

 

メルキド高原

 

7

チュートリアルが終わるといよいよ街に出て作業開始。

 

7

街にはドラクエシリーズお馴染み”スライム”の姿・・。

グラフィックが大きく向上したこともあってか、なんかこれまで以上に可愛く見えますね。(笑)

 

7

作業台のある場所にいくと住民がいるので、そこで提示されるクエストをこなしていきます。

 

7

9

まずは家の建設

家は、、

 

・扉

・壁×2段

・たいまつ

 

この3つが揃っていれば家と認定されます。

たいまつは、他のゲームとは違い地面に置く仕様になっていて、それ以外には夜休めるためのベッドなどがあると生活が色々と捗ります。

 

4

ちなみに、家を1から建設する場合は、自分で建設するor設計図を利用するの2つのアプローチ方法があります。

上の場合は設計図を用いた方法になるのですが、簡単に説明すると、、

まずは設計図を広げられる配置を確保します。

 

7

そして設計図の表示されてる上に、壁と扉、たいまつなどを配置すると家になります。

 

4

ちなみに設計図は、家を組み立てるのに必要な素材と図を表示してくれるので、建設できないと悩むことはありません。

最初は設計図、、慣れてきたら自分で建設していけばクラフトゲーム未経験でも十分に楽しめると思います。

 

8

2

あと、このゲームには体力以外にも”満腹度”という概念が存在します。

”満腹度”は、木の下の落ちてる桃(?)などを拾って食べることで回復するので、定期的に食事することは心掛けたほうがいいですね。

 

 

7

このゲームの基本概念を学べばあとは冒険です。

オプションボタンを押してMAPを確認しながら移動開始。

 

8

変な場所でロロンドおじさんを発見しました。

街もそうですが、キャラクターのデザインも可愛らしくていいですね。

 

1

その後はクエストをこなしながら色々作業をしているのですが、シンプルながらも色々やれることは多くて楽しいです。

 

まとめ

 

やった感想としては、、

”ドラクエはやっぱりドラクエ”ですね。

どんな人間でもある程度楽しめるような親切設計となっているので、他のドラクエシリーズ同様に万人受けする作品だと思います。

 

ただ、昨日やったトゥモローチルドレンFallout4マインクラフトに比べると自由度で見劣りする点は否めないので、あくまでクラフトゲーというよりはドラクエとして楽しむゲームですね。

まだ発売日に購入するかどうかはわかりませんが、とりあえず購入しようかと思ってます。

 

スポンサードリンク




コメントを残す