トゥモローチルドレン β版の評価・感想

6本日”3時間”のみのテストだったトゥモローチルドレンのβ版。

タイトル名を知っているだけで、どんな内容でどんなゲームなのかサッパリわからないままスタートでしたが、思いの他楽しめました。

スポンサードリンク




仲間と共に人類の繁栄を目指すゲーム

 

5

トゥモローチルドレン

え~とジャンルは”オンラインソーシャルアクションゲーム”です。。

あんまり聞かないジャンルなのですが、一応ゲーム内容の説明を読むと、、

 

「ソビエト連邦のプロジェクトの失敗の影響でボイドと呼ばれる異物と化した人類を救出する」

 

こんな感じだそうです。

まあ言い換えれば、、

崩壊した世界を、多くの仲間(オンライン)と共にもう一度繁栄を目指すゲーム。

 

377160_2015-12-29_00013

ちょっと違うかもしれませんが、オンライン版のFalloutみたいな感じですかね。。

まあ色々考えてもしょうがないので、早速プレイしていきます。

 

不思議な世界観

 

5

最初にチュートリアルをこなした後、何人かが暮らしている街へと移動になるのですが、まず感じたことはキャラクターといい街といい世界観がかなり独特なこと。

マイクラでもなく、レゴでもなく、LBPでもない、、

なんか昔テレビで見たような見てないような不思議な世界観で、好き嫌いはハッキリわかれるかもしれませんが個人的には新鮮なのでかなり気に入ってます。

 

4

で、肝心のゲーム内容なのですが、、

今、自分がいるこの街は、他の不特定多数のオンラインプレーヤーと一緒に暮らしている街。

ここで街の住民として、”労働”をこなしながら生活していくようになります。

※上の画像においてある石のようなものが資源で、これらのものが街の発展のために必要不可欠なものです。

 

資源を集める方法は基本的に鉱山(?)からの採掘がほとんどです。

鉱山に行くにはバスを利用します。

 

2

街にバスがくるので鉱山へ出発。

 

9

バスは席がないので全員立ってます。。

 

9

鉱山・・ではないですね。(笑)

なんか不思議な世界に到着しました。

 

9

着いたら壁をピッケルで叩いて資源を増やしていきます。

壁には壊せるものと壊せないものがあるようですが、基本的にほとんどのものは壊せる気がします。。

で、こうやって採掘したものを街に持ち帰り、上の街にあった場所に資源を保管していきます。

 

9

次は電力供給

電力供給は街にあるウォーキングマシンを使うのですが、これが結構面白いんです。

まあひたすら走るだけなんですけどね。(笑)

1回やれば電力はかなり供給されるので、街の電力に関してはほとんど問題にはならなそうです。

 

7

仕事をこなしたら、その内容を”労働監査局”に報告する必要があります。

ちなみに報告しなければ、ず~と貢献は0のまま。。(笑)

報告によってもらえる”配給券”がこの世界では非常に重要で、これがなければ商品を買うことも服を買うこともできません。

仕事の報告は忘れないことがこのゲームの鉄則ですね。

 

7

それ以外には、武器の扱いの許可を得る免許証を購入したり、、

 

4

街の設備を建設したりすることができますが、これ以外にも様々な要素が増えれば面白くなりそうなので、この辺りは今後の追加に期待です。

 

 

オンラインだけどオフライン

 

7

このゲームには、自分以外にも不特定多数の人間が街で生活しているのですが、、彼らとボイスチャットしたりする事はできません。

ただ、生活しているのがチラホラ見えるだけ・・。

つまり、チームワークのような”概念”がほとんどなく、基本は自分の好きなように行動していくゲームです。

ただし言い換えれば、自分で遊んだような結果として街に貢献していたみたいなゲームなので、”オンラインだけどオフライン”という表現が相応しいでしょうか。

その辺がおそらくジャンルにもある”ソーシャル”だと思うのですが、オンラインに抵抗のあるプレイヤーも気軽に遊べる仕組みなので、これはこれでかなりいいと思います。

 

今日は3時間のみのβテストだったのでまだまだわからないことだらけですが、、Falloutとかシムズみたいなゲームが好きな僕にとってはかなり興味深い内容でした。

 

まとめ

 

今後、βテストがあるかどうかはわかりませんが、とりあえず発売したら購入しようかと思ってます。

新感覚の”オンラインソーシャルアクションゲーム”

中々面白いですよ。

 

スポンサードリンク




コメントを残す