Fallout4 攻略 Dr.リーの奪還とパラディン・ダンスの処刑

377160_2015-12-21_00016Fallout4も終盤まできていて、現在はそれぞれの組織のクエストをこなしながらどの組織と未来を共にしようか考えている最中です。

今回進めたのはB.O.S。。

世界最強の軍隊組織のあるパラディンには驚くべき事実がありました。

スポンサードリンク




Dr.リーをB.O.Sに奪還

 

前回はインスティチュートの中に入り色々見学を下回ったのですが、今回はその思想が真逆の軍隊組織であるB.O.Sのミッションを進めていきました。

 

377160_2016-01-18_00085

まず最初にでたクエストがインスティチュートにいるDr.リーの奪還。

Fallout3で登場したリバティ・プライムの再生を目指すために、当時メンバーだった彼女を加えたいというB.O.Sの無理難題を命じられてとりあえず会いにいくクエストです。。

ちなみに彼女は10年前までB.O.Sのメンバーでしたが、B.O.Sとの方針に疑問を感じて脱退。

それ以降はインスティチュートの科学者として日々研究に没頭していました。

 

377160_2016-01-18_00082

で、どうすればいいのかわからないので、、とりあえず彼女にB.O.S組織への復帰を依頼してみましたがあえなく却下。

 

まあそうですよね。。(笑)

B.O.Sってバリバリの軍隊組織でしかも人間以外は全て排除というかなり偏った考え方を持った組織。

まあインスティチュートも負けないくらい偏ってはいるのですが、僕もB.O.Sのあの思想はどこか受け入れがたいものがあります。

 

しかし現状まだ反乱を起こすには早いので、とりあえずはB.O.S復帰のための説得材料探し。

話を聞くとどうやら彼女は、インスティチュートの研究設備には満足しているものの風通しの悪さには不満がある様子。

そしてDr.バージルの事故死には疑問があるとも・・、

 

・・・。

 

377160_2016-01-06_00016

え~と、Dr.バージルってたしか生きてますよね。(笑)

ついこの前会ったばっかりです・・。

 

しかし彼女はDr.バージルは事故死したと聞かされているらしい、、

 

377160_2016-01-18_00074

これは付け入る隙があるなと思いさっそくバージルが生きているための証拠探し

証拠品は昨日すでに見つけていたバージルの研究所にありました。

 

377160_2016-01-18_00084

・・・。

証拠を見せるとDr.リーは大きく失望、そしてB.O.Sに戻ることを決意します。

なんか随分と心変わりの早い人ですがまあいいでしょう。

 

377160_2016-01-18_00088

377160_2016-01-18_00092

Dr.リーはB.O.Sに戻り、リバティ・プライムの開発をさっそく援助しています。

しかし懐かしいですね、、リバティ・プライム。

 

パラディン・ダンスの処刑

 

377160_2016-01-18_00081

Dr.リーの奪還に成功したので、早速褒めてもらいにマクソンのところに行ったのですがどうやら深刻な顔をしていマクソン・・。

なにがあったんだと聞いてみると、、どうやらパラディン・ダンスが人造人間であり、そして逃亡したという驚きの話を聞かされます。

 

ダンスが人造人間。。

インスティチュート、レールロードとの関わりがある僕からするとそこまで深刻な話ではないのですが、人類以外の撲滅を目標としている組織B.O.Sにとってはあってはならないこと。

すぐにダンスを探して処刑しろとの命令を下されます。

 

しかしダンスはB.O.S加入当初からお世話になった人。

その命令は中々の無理難題です。

さらにスクライブ・ヘイレンにダンスの事をもう一度考えてくれと説得されてさらに悩む僕。。

 

とりあえず考えていてもしょうがないので、ダンスに会いにいきます。

 

377160_2016-01-19_00003

・・・。

悲しそうな顔してますね。

 

いきなり処刑はかわいそうなので、とりあえず色々話を聞いていくと、、

 

・ダンスは自分が人造人間であることは知らなかった

・マクソンに忠誠を誓い、これまでB.O.Sのために捧げてきた

・今は運命を受け入れ、死を覚悟している

 

このような話を聞かされます。

人造人間であることがそんなに駄目なのか、、

前々から少し疑問に思っていた僕は、ダンスを見てその疑問は間違ってないと思い、処刑はせずに逃がすことを決意。

 

どうせ自分しかここにはいないから、あとはマクソンに適当にをついてごまかそうと思い外に出た矢先、、

 

377160_2016-01-19_00006

えっ・・。

なんで尾行してるんですか、あなた。

 

最悪なことにマクソン本人に逃がしているところを見られてしまっていました。

当然ながら怒り心頭のマクソンは、人造人間は絶対に排除すべきものだということを力説して、すぐに処刑することを強要してきます。

 

しかしここで引くわけにはいきません。

ダンスをなんとか逃がすために説得していきます。

 

377160_2016-01-19_00007

「彼は仲間だ。」

 

377160_2016-01-19_00008

「私は組織のために全てを尽くしてきた。」

「決して害すべき存在ではない!!」

 

377160_2016-01-19_00014

「うるさい、うるさい。」

「人造人間であるお前はいつか世界を滅ぼす存在になる。 だからここで処刑しなければならない!!」

「彼は機械であって人間ではない!!」

 

なかなか頭の固いおじさんであるマクソン。

緩い説得では効果がないと思ったので最終手段に出ます。

 

377160_2016-01-19_00012

「もし、ダンスをここで処刑するというならば俺もB.O.Sを去る。つまりエクソン、君は2つ大事なものを失うことになるんだ。」

 

この言葉が効果絶大でした。

主人公で僕の流出は避けたいマクソンは一気にうろたえ、ダンスを逃がすことをアッサリ決意

なんか最後はすごいトントン拍子でしたが、これでとりあえずダンスの処刑は免れました。

 

そしてその後、マクソンにパラディン昇格の言い渡されクエストは終了。

命令に背いたのにパラディン昇格。

マクソン、、僕のこと相当気に入ってますね。(笑)

 

まとめ

 

こんな感じでB.O.Sクエストを大体こなしましたが、この組織と未来は心中しないと決意しました。

なんていうか・・好きになれないんですよね、この軍隊的な感じや思想。

 

377160_2016-01-08_00035

なんせ僕が気に入っているのはこの桐生ちゃん・・じゃなくてハンコックのような人ですから・・。(笑)

自由を求めて2人で旅をしているので、バリバリの軍隊組織のB.O.Sは遠慮しておこうと思います。

 

スポンサードリンク




コメントを残す