アプリ 妖怪大合戦 リセマラ・おススメキャラクター

IMG_277912月16日より配信が開始されたアプリ”妖怪大合戦”。

妖怪のデザインとタワーディフェンス型のアプリという事で少し気になったのでプレイしてみることにしましたが、、

予想以上の面白さです!!

スポンサードリンク




 

シンプルでデザインが素晴らしい

 

IMG_2780

”妖怪大合戦”は配信前から結構注目されていたアプリですが、予想通りというか・・予想以上に面白いアプリですね。

誰にでもできるシンプルな操作性、適度な難易度、マルチプレイ、そしてキャラクター、、ハマリたくなる要素がたくさんあってついついプレイしてしまうアプリです。

 

IMG_2783

ゲーム内容は基本的に”タワーディフェンス”という自分の領地に侵入してくる敵を倒すことが目的のゲームで、先に相手の陣地を破壊したほうが勝利という非常にシンプルなもの。

PCゲームなどでは色々複雑な種類の”タワーディフェンス”があるのですが、このアプリでは左右に陣地があり、それを先に破壊したほうが勝ちという非常にシンプルでわかりやすいものなので、誰にでもルールはわかるようなものになっています。

 

IMG_2790

1回の戦闘に使用できるキャラクターは全部で5体+1(助っ人)の組み合わせ。

各キャラクターにはそれぞれ特徴や属性があるので、このあたりは戦闘で試していきながら自分が使いやすいものを使うといいと思います。

後、キャラクターにはランクがあり、☆1~5の強さに分類されているので、最初は強いキャラクターを単純に入れておくのがわかりやすいかもしれません。

 

IMG_2806

戦闘は基本的に召喚するのみで、攻撃に関しては全てオート操作

画面右上にある”妖力”を使って、自分の編成したキャラクター(妖怪)を召喚するのですが、”妖力”はキャラクターごとにコストが違います。

各キャラクターのコストまで”妖力”が溜まれば召喚が可能になるので、コストバランスを意識して編成すると戦闘は比較的スムーズにいきやすいです。

後、画面右下にある”妖力レベル”は、各キャラクター達の攻撃を上げるものなので、ここも”妖力”を使ってレベルを上げていく必要がありますね。

 

それ以外だと、、左上に属性の弱点が載ってあるのですが、僕の場合はキャラクターをほとんど知らなかったのでとりあえず適当に召喚していきました。(笑)

最初はそんな感じで全然大丈夫です。

 

IMG_2811

こんな感じでプレイしていけば、自然とレベルが上がっていきます。

シンプルだけど中毒性のあるアプリ、、僕のプレイした感想はこんな感じですね。

 

リセマラ

 

例に漏れず”妖怪大合戦”にもリセマラの概念は存在します。

やり方は非常にシンプルで、、

 

1. チュートリアルを完了させて”妖石”を100個獲得

2. ”妖石”50枚で☆4以上のレアが1体以上でる10連ガチャをする

3. ”妖石”50枚で☆4以上のレアが1体以上でる10連ガチャをする(2回目)

4. ☆5のキャラクター(妖怪)がでればリセマラ終了

5. ☆5がでなかったらアプリをアインストール

6. 1に戻ってやり直し

 

IMG_2796

IMG_2800

IMG_2814

こんな感じの要領になります。

僕は面倒臭がりなのでリセマラをやる気などさらさらないのですが、☆5のキャラクターはかなり強いので時間がある人は挑戦してみるといいかもしれません。

 

おススメキャラクター

 

今日始めたばっかりですが、現在のところの僕の編成は以下の感じです↓

 

IMG_2815

レベルはまだまだ低いですが、☆5が2体、☆4が2体、☆3が1体の組み合わせですね。

 

IMG_2817

メインで使用しているのはタマモ

☆5ですが、コストは680と結構低く、頻繁に攻撃してくれるのでかなり役立ちます。

ただ、移動が遅いのだけが不満なのですが・・。

 

IMG_2818

もう1体の☆5キャラクターであるユキオンナ

コストがやや重いのですが、攻撃力が高いので攻め込まれた時などに重宝します。

後、デザインが個人的に好きなので意味もなく召喚してしまう時は割とあったりしますね。。(笑)

 

IMG_2816

オボログルマは☆こそ3ですが、移動スピードがめちゃくちゃ速くコストも350と低いので、先制攻撃大量召喚に非常に適しています。

オボログルマで耐えつつ後ろからタマモや助っ人が援護するー。

これが現在の僕の必勝パターンになっています。

 

まとめ

 

キャラクターが豊富で必殺技などもたくさんありそうなので、長い時間遊べそうなアプリです。

Fallout4が発売されたのであまり時間はとれませんが、今後もちょくちょく進めていきたいと思ってます。

スポンサードリンク




コメントを残す