フォルティシア 初見プレイの評価と感想

IMG_2685先週配信開始され人気沸騰中のアプリ”フォルティシア”。

SEGAさんによる本格アクションRPGということで、アクションゲーム好きの僕としてはかなり気になっていたアプリではあります。

というわけで、さっそくプレイしてみました。

スポンサードリンク




 

思っていた以上に本格的なアクションRPG

 

IMG_2677

”運命と出逢う共闘RPG フォルティシア”。

なんかMMORPGにありそうな感じのタイトルですね、、まあ実際はアクションRPGなんですが。(笑)

開発はSEGAさんということなんですが、、最近SEGAさんはよく頑張っている気がしますね。

夏に配信されていた”戦の海賊””ケイオスドラゴン”、家庭用ハードでは”蒼き革命のヴァルキュリア””龍が如く”など、最近は活躍している姿をよく見るので昔からのファンとしては結構嬉しいものがあります。

 

で、今回新たに配信されたのが”フォルティシア”というアプリなんですが、、

正直あんまり興味はなく、とりあえず友人に進められてなんとなく初めてみたのですが、、これが普通に面白い。(笑)

スマホでアクションをやるのにあんまり乗り気ではなかったのですが、思っていた以上の本格的なアクション爽快感にいい意味で期待を裏切られた気がします。

まだまだやって少ししかたっていませんが、とりあえず面白いのでプレイのレビューをしていこうと思います。

 

初見プレイレビュー

 

IMG_2681

ストーリーとしては、どうやら僕らはフォルティス(※武器に宿る人の魂)と特殊な能力を引き出せる人間で、”フォルティシア”という呼ばれる人達らしく、、この少女・・カルネ(※カルネはフォルティス)の夢である母親に会いたいという身勝手な理由に勝手に付き合わされる大冒険といった感じです。

で、カルネは実在しているわけではなく、あくまで魂なので”フォルティシア”にしか見えないという設定・・。

なんかいきなりファンタジー特有のぶっとび世界観でまくりなのですが、(笑)

まあとりあえず進めていきます。

 

IMG_2683

主人公は、ストーリー上の架空のキャラではなくRPGらしく主人公=自分なようで、好きなようにカスタマイズすることができます。

 

 

IMG_2695

ストーリーの進め方は”モンハン”とかと一緒で、新しいクエストをどんどん受けていく形式。

それまでに自分の村で武器や装備の強化・薬の購入などを済ませていきながら、自分のペースでストーリーを進行させていくようです。

 

IMG_2690

戦闘画面はこんな感じ↑

操作は左下のスティックで移動、右下の大きいボタンで攻撃、その隣のゲージが溜まれば必殺技カメラマークが視点切り替えと至ってシンプルなもので、初心者でもすぐプレイできるように作られています。

後、ローリングボタンも後に追加されたのですが、現時点でガードというものはまだ見かけていないのであるかないかはまだわかりません。

 

IMG_2700

攻撃は近距離だけでなく、遠距離系も存在します。

例えば、画面右上にある”エクスポータル”はファイアーボールのような攻撃で、相手に大ダメージを与えることができる魔法(?)。

敵は、タップするとロックすることができるので、ロック→”エクスポータル”の順で相手を狙って倒していくのがうまく使いこなすコツのようです。

ちなみに数字の9は残り使用できる回数で、無限に使えるわけではないようなので注意してください。

 

IMG_2699

後、この世界には属性が存在して、それぞれの相性があります。

相性の合うもの合わないものを考えながら、攻撃を繰り返していくのもこのゲームの醍醐味のようです。

 

IMG_2706

クエストにはシングルのものとマルチのものがあり、マルチは実際にプレイしている人達の中からランダムに4人パーティが構成され、一緒にクエストクリアを目指していく形式

仲間が3人いるというのは、シングルに比べてずっと心強くてやりやすいので個人的には好きです。

 

ちょっとモンハンっぽい

 

この”フォルティシア”というアプリは、ゲームの進行の形式がモンハンとかPSOシリーズに近いものがあり、それらをプレイしてきた人なら結構すぐに馴染めるようになっています。

アクション操作もサクサク動いて、ヒット&アウェイを意識しながら戦えるという点ではかなりしっかりとしたアクションRPGになっているので、アクション系のゲームが好きな人には是非おススメしたいアプリですね。

 

まとめ

 

時間があれば今後も記事にしていきます。

かなり人気があるようなので、今後しばらくは話題が続きそうですね。

スポンサードリンク




コメントを残す