PS4新作のエースコンバット7 VRの活用と時代を考える

2昨日のソニーカンファレンスにて久しぶりに期待の新作が発表されましたね。

タイトル名は”エースコンバット7”。

実に8年ぶりとなるナンバリング新作となります。

スポンサードリンク




 

ナンバリング新作は実に8年ぶり

 

2

昨日のSCEカンファレンスでは、FF7Rの映像、二ノ国2など色々驚きの情報がたくさんありましたが、その中でも一番気になったのはエスコンの完全新作ですね。

ちょくちょく外伝のエスコンは発売されていましたが、ナンバリングとなるとXBOX360で発売された”エースコンバット6 解放への戦火”以来実に8年ぶりのナンバリング新作。

 

色々感慨深いものがありますが、まず思うことは既に6から8年も経過しているという事実です・・。(笑)

6ではオンライン対戦が初めて導入されたり、当時流行っていたアイドルマスターの登場人物がペイントされた”痛戦闘機”が登場したりと、色んな意味で革新的なタイトルだったのをよく覚えていますが、あれから8年が経過しているのかと思うとちょっとせつない気持ちになりますね、、年齢的な意味で。。

僕の中でエスコンは”ひこーきごっご”パイオニア的ゲームなので、あの時の驚きがまだ冷めてないことを信じたいのですが、こればっかりはプレイしてみないとわかりません。

ちなみに6以降はiPhoneなどでちょくちょく発売されていた様ですが、僕が最後にやったのは6になるので本当に本当に久しぶりのタイトルになります。

 

発売日、ストーリーなどはまだ未定ですが、来年のE3、TGSあたりに新情報が出るのではないでしょうか。

後、バンナムと言えば課金・・というやや心配な要素がありますが、その辺りも含めて続報が出るのを待ちたいと思います。

 

時代はいつになる??

 

エスコンはシリーズの繋がりこそ薄いですが、一応時系列たるものが存在しています。

簡単に時代背景を説明していくと、、

 

ZERO・・1995年 ベルカ戦争

3・・2030年以降 多国籍企業軍による争いっぽいもの

4・・1994年~2005年 大陸戦争

5・・2006年~2020年 環太平洋戦争

6・・2013年~2015年 エメリア・エストバキア戦争

 

取りあえず曖昧ですが僕がやった作品ではこんな感じでした。

基本的に1990年代~2010年代はある程度消化されていたので、超勝手な妄想で次は3であった近未来・・すなわち2030年以降になるのではないかと思っていました。

が、昨日発表されていたPVを見てみると、、

 

このPVの途中で出てきた戦闘機がオーシア機っぽい感じなんですよね。(笑)

それに軌道エレベーターに無人機の存在も確認できるあたり、これは5の続きの時代になるのではないかと思います。

多国籍企業軍が支配する世界する前の時代、テクノロジーが発達していく時代、、中々いいチョイスなんではないでしょうか。

 

まあでもこれはあくまでも予想なんで、全然違うかもしれないのでその時はご了承お願いします。

 

VRの使い方

 

VRについても少し・・。

今作のエスコンの目玉要素になるであろうVR(バーチャル・リアリティ)

 

1

PS4のVRはTGS(東京ゲームショウ)で少し確認した程度なのですが、”THE・近未来”って感じがして楽しみです。

使い方、普及、通常プレイとの差などはまだまだよく分かりませんが、空中を大きく移動するエスコンとVRの相性はすこぶるよさそうなので、エスコン7の発売日と共に購入してみようかと考えています。

ただ、値段が噂ではPS4と同程度・・という割とでかい出費なのでこの辺はその時の財布事情と相談ですね。(笑)

 

VRに関しては僕も正直よくわかっていないので、購入した日、詳細が出た日などに1度記事にします。

 

まとめ

 

取りあえず発売が決まったことが嬉しいです。

後はいつ、発売されるかですね。

できる限り早く発売されることを願ってます。

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す