アサシンクリードシンジケート プレイ感想と評価

5昨日発売されたUBIの人気シリーズ最新作”アサシンクリードシンジケート”。

今回の舞台は産業革命の真っ只中であるロンドン。

まだ、プレイは数時間ですが、ここまでサクッとやってみた感想を書いていきます。

スポンサードリンク




 

プレイレビュー

 

取りあえず早速プレイしていくのですが、最初は相変わらず話のよく分かりにくい現代編からのスタート。

何でも今作からは現代編にも力を入れると明言していましたから、少しは期待していますが相変わらず雰囲気に合わないSFチックですね・・。(笑)

 

で、本編であるロンドン。

 

5

まだパッと見ただけですが、この時代のロンドンの街は結構雰囲気が暗いですね。

これが産業革命による弊害なんでしょうか・・。

ただ、街には見たことある有名な建造物がいくつかあるので、アサクリの醍醐味の1つである”観光”は楽しめそうな気がしてます。

 

2

で、こいつが今作のテンプル騎士団の指導者にしてボス的存在になりそうな”クロフォード・スターリック”

まだどんな奴かはイマイチ分かっていません・・。

 

4

で、この2人が今作の主人公の双子、ジェイコブとエヴィー

ローグをばっちり包んでるそばかすの多いエヴィーに比べて、ジェイコブは何かアサシンらしさがあんまりありませんね。(笑)

服装が”Watch dogs”のエイデンに似ているからでしょうか、それともにやけ顔だからでしょうか・・。

なんか見るからにお調子者って感じです。

 

4

工場の中はこんな感じ。

なんか・・凄いです、まさに工場です。(笑)

 

1

ミッションはよくも悪くもいつも通りのアサクリです。

”鷹の目”を使って敵を確認。

見つからないように敵をかいくぐって・・、

 

2

暗殺!!

ここら辺は慣れていればほぼ問題なくクリアできるはずです。

 

3

後、今作で嬉しかったのが暗殺後の回想シーンが復活したこと!!

2以来ですかね、、とにかくこのシーンがよく記憶に残っていたので、回想シーンの復活はグッジョブです。

 

ジェイコブはエツィオ系?

 

取りあえずパッと軽くプレイしてみましたが、今作の主人公の1人・ジェイコブはかなりいいキャラしていますね。

お調子者で明るくそして挑戦的な性格・・、

アサクリ2の主人公であるエツィオによく似ていて好きです。

回想シーンも含めて、今作はかなり2っぽくなっているのは素直に嬉しいところです。

 

その一方で、プレイの爽快感は前作同様にややイマイチ

カウンターはあるにはあるのですが、全体的に1発の攻撃力が弱く、カウンターキル連発とはいかないのは賛否両論がありそうですね。

 

全体的な総括としましては、色々ありますがまあいつも通りのアサクリです。

ロンドンの街、主人公は結構魅力的なので個人的には楽しめそうですが、マンネリと言えばマンネリなのでここら辺は個人差がありそうです。

 

まとめ

 

取りあえずは引き続きプレイしていきます。

シリーズ初めての人などはかなり楽しめると思うので、是非購入してみて下さい。

 

アサクリ関連の記事はこちら

アサシンクリードシンジケート攻略 シークエンス2・3

アサシンクリードシンジケート攻略 シークエンス4

スポンサードリンク




コメントを残す