ドラゴンズドグマオンラインβ(CBT2) 感想と評価

48月7日から8月10までの3日間、ドラゴンズドグマオンラインのβ版(CBT2)が実施されました。

PS3に完全新作として登場したのは3年前。

TESシリーズのような壮大な世界を冒険できる国産ゲームに当時はかなりハマった作品だけに、かなり期待しています。

スポンサードリンク




 

トロフィーコンプしたゲーム

 

2

 

ドラゴンズドグマは3年前の2012年にカプコンから発売されたオープンワールドのアクションゲーム。

CAPCOMの看板ゲーム・モンスターハンター、前年にベセスダから発売されたTES5 : スカイリムを合わせたようなゲームに、当時はどハマリしてトロフィーコンプリートまでしてしまったゲームでもあります。

 

あれから3年。

スマホ版が出たり、ダークアリズンが発売されたりと色々あったものの、続編の情報が一切出てこないため半ば諦めていたのですが、まさかオンラインとして発売してくるとは予想外でした。

3年前に発売されたドグマではオンラインでの協力プレイというのはなく(ポーンは借りれる)、実質1人プレイゲームでしたがオンラインでパーティを組めればと思っていましたのでこれはこれで素直に嬉しいですね。

 

多少課金要素など・・、少々嬉しくない事情はありますが、F2P(Free To Play)なのでまあこれはこれでよしとしましょう。

 

β(CBT2)の感想と評価

 

5

 

というわけでさっそくプレイを初めていくわけですが・・、

まずはキャラ作成

 

1

 

この辺りはオリジナルと同じで、性別職業(ジョブ)を選択してプレイすることになるのですが、脳筋の僕は勿論ファイター

そしてまずは敵を倒して素材集めをすると、ポーン作成が可能になります。

 

懐かしいですね・・、ポーンの存在。

ファイターで近接攻撃がメインの僕は当然ダメージも大きくなりやすいので、ここはオリジナル当時と同じプリースト(名前変わった?)を選択。

このポーンがかなり優秀で、プレイヤーである僕の行動を見てそれに基づいて行動してくれるというAI設定。

むしろAIのポーンをメインで育成しようかなと思うくらいに優秀なポーンで、実際にそうしている人も多いようですね。

 

そんな感じでそのあと、

クイックパーティクエスト、全大型討伐、グランドミッションを行いβ版は終了。

 

取りあえずプレイした率直な感想としては、

 

・戦闘は安定の面白さ

・スタミナ消費時の緊急回避がない

・よくも悪くもあまりオリジナルと変わらない

 

こんな感じですかね。

戦闘は面白いと言えば面白いのですが、無駄に広い戦闘マップを少ない人数が歩き続けるというオリジナル同様の課題がそのまま残っていたのが気になりましたね。

後はスタミナ・・、この辺りは技量にもよるのですが何とか回避策がほしいかなと思います。

 

全体的にMMOっぽく・・、というよりはFF14に似せたようなゲームになった印象でしたが、F2Pであることを考慮すればまずまずの出来なのではないでしょうか。

後は発売日までの改善、アップデートに期待ですね。

 

武器のガチャ要素あり

 

5

 

残念・・、いやF2Pなら当然の要素かもしれませんが、ドラゴンズドグマオンラインではガチャによって強い武器(Sランク)を手に入れることができます。

というよりはガチャで最強武器を手に入れられることが可能な仕様です。

 

ということは、チマチマ武器を集めるよりはお金の力の方が偉大になるということで、おそらく長期間に渡って本レイしていくには課金することが必須になると思います。

本製品ではもう少し絞ってくるものと思いますが、現在の状態でリリースするのならば長く続けるのは財布事情から厳しくなりそうですね・・。(笑)

 

まとめ

 

“ドラゴンズドグマオンライン”は現時点では期待通りだったところと残念だったところがどちらも含まれているゲーム。

今後の改善と進化に期待ですね。

スポンサードリンク




コメントを残す