FIFA16 攻略 守備戦術・タックル講座

1FIFA16は比較的ディフェンスがやりやすいと言われてるのですが、まだまだ下手っぴな僕は日々悪戦苦闘中です。

ハイプレス、ゾーンディフェンス、囲い込み・・。

FIFAの面白さでもあるのですが、同時に難しさでもありますね。

スポンサードリンク




 

FIFA16は守備が比較的やりやすい

 

1

前回、オフェンスについての記事を書きましたが、、

FIFA16 攻略 ドリブル・パス講座

 

今作は前作のようにゴリ押しドリブルが出来なくなり、攻撃中のパスカットも多くなっています。

つまりそれは裏を返せば守備がかなり強くなっているということで、実際プレイしていても失点が少ない試合が多いように感じます。

 

1点を制する者が試合を制すー。

ちょっとカテラチオ的な考え方であまり好きではないのですが、取りあえずはオンラインで試合負けないためにもしっかりとした守備戦術を確立しましょう。

 

ハイプレスとリトリート

 

5

FIFAでディフェンスをする際、守備戦術は大きくわけて、ハイプレスリトリートの2つを使用している人が多いと思います。

2つのどちらがいいかは一概には言えないのですが、今作のFIFA16に関してはリトリートの守備が効果的です。

その理由として2つあって、

 

1. スタミナの消費スピード

前作でもややそういった傾向があったのですが、今作は同様~それ以上にスタミナの消費が速いです。

なので序盤からどんどん前線にプレスをかけ過ぎると、後半にガス欠を起こしかねません。

tチームとしてボールを奪う位置をしっかり決めてから、プレスをかけることを心掛けるのがいいと思います。

 

2. トラップの上手さ

今作は前作に比べて選手のトラップが上手くなっていて、ハイプレスをかけても上手い人なら割と簡単にいなしてしまいます。

そんな状態でハイプレスをし続けると、それこそ永遠とボールを追うだけの”糞ゲー”になってしまう可能性があるので、しっかりリトリートして相手のボールを奪った方がずっと合理的効率的です。

 

こんな感じになるのですが、取りあえずオンラインの試合で負けないようにするには、1にも2にも守備戦術が重要になります。

僕もまだまだ上手くはないですが、取りあえず無失点で終われる試合は多くなりました。

 

サイドのドリブラーは奥で囲い込む

 

FIFAの守備戦術の1つに”囲い込み(R1)”がありますが、この囲い込み戦術は諸刃の剣です。

相手に2~3人でボールを奪いにいくので、上手くいけばいいですが、いかなければ相手に広大なスペースを与えることになります。

なので、この囲い込み戦術は極力使用しないことを推奨しますが、唯一サイドを縦にえぐってきたドリブラーには有効な戦術かもしれません。

というのは、サイドを縦にえぐるドリブラーを使用してくるチームは、基本的にクロスを上げることを目的としています。

ドリブル→クロスという基本的な戦術を潰すのに最も簡単な方法は、クロスを上げさせないことです。

縦に相手が突破してきた場合のみ、相手を囲い込んでに追い出してやりましょう。

 

まとめ

 

一応やってみて思ったことはこのようになりますが、最後に気を付けることとして、”ファール取られすぎ問題”があります。

今作は守備の選手のフィジカルが強く、タックルをあんまりやりすぎるとすぐにファールを取られてしまいます。

 

ただでさえすぐにPKを出すFIFAに、タックルでまでファールを取られていると試合になりません。(笑)

くれぐれも、ペナルティーエリアでのタックルは注意してください。

 

FIFA16の購入はこちら↓

 

 

FIFA関連の記事はこちら↓

FIFA16 攻略 ドリブル・パス講座

FIFA16 攻略 ”UTでオリジナルチームを作ろう” その1

FIFA16 攻略 ”UTでオリジナルチームを作ろう” その2

FIFA16 攻略 ”UTでオリジナルチームを作ろう” その3

FIFA16 攻略 ”UTでオリジナルチームを作ろう” その4

スポンサードリンク




3件のコメント

  • イニエスタ

    僕も若手スペイン代表を作ろうとしてます。またおすすめの選手紹介してくれたら嬉しいです!
    次の投稿も待ってます

    • 管理人

      ありがとうございます。
      今後は不定期になりますが、ちょくちょく更新していく予定です。

  • FIFA太郎

    こんにちわ。
    今年からウイイレからFIFAに乗り換えたんですが、
    操作の違いなどで困惑していました。
    UTってなんやねんみたいな(笑)
    そこでこのサイトを見て、とてもわかりやすくUTをまとめてくれていて、
    大変役に立ちました。
    ありがとうございました。
    これからも参考にさしていただきます。
    ブンデスリーガについてもまとめなど作ってくれたら幸いです。

コメントを残す