WiiU/PC新作「デビルズサード」 感想と評価

4WiiUから8月4日に発売された「デビルズサード」。

人気ゲームクリエイター・板垣伴信さんによる待望の最新作は色々な意味で注目を集めていますね。

一応実際にプレイしてみましたので感想を書いていきます。

スポンサードリンク




 

色んな意味で話題の新作

 

4

 

このイカつい風貌と刀に銃・・。

まず購入前の印象としては、WiiUを買っている客層(任天堂ゲームが好きな人)とは正反対のゲームだということ、そして発売前から色々な意味で話題になる作品だなということでした。(笑)

もともとPS3とXBOX360から発売予定だったソフトですのでWiiUっぽくないのはある意味納得なのですが、

発売前の海外での炎上報道、、主にバクやシステム関連についてだったのですが、

 

「デビルズサードはプレイヤー自身の腕前と直結するゲームだ」

 

と、まるで改善点を隠すように板垣氏が発言してしまったこともあり色々と悪評が広まってしまっただけに、色々と心配しましたが何とか発売されてホッとしています。

 

神ゲー? 糞げー?

 

そして肝心のゲーム内容なのですが・・、発売前の悪評のとは一転してめちゃくちゃ面白いです。(笑)

FPSとTPS・・シューティングとアクション、そして戦略要素とあらゆるジャンルを組み合わせたようなゲームで、WiiUで買ったソフトの中では最高の出来ですね。

 

5

 

このゲームはTPS(刀)/FPS(射撃)の2つを駆使して戦うのですが、最近のFPSに多いAIMアシストがついていません。

普段はFPSをよくプレイする人、、すなわちCODやBFの操作に慣れすぎてしまっている人なんかは、中々思うようにコントロールできなくて最初はかなり苦労するのではないでしょうか。

 

かくいう僕がそうだったので・・。

 

しかし苦しみながらプレイしているとある法則的なものに気づいてきまして、、

 

・敵が3m以内にいる場合は無理に銃ではなく刀に切り替え近接攻撃すること

・スピーディーな移動が可能なのでより動き回ること

 

この2つに注意して行動すると結構うまくプレイできます。

FPSゲームというよりは、ステルスアクションゲームのような感覚でプレイするとうまくいくかもしれませんね。

 

あとは・・、とある某ボスがかなり強いです。

 

4

 

攻撃を避けるのにかなり苦労しましたが、困った時のダクソ方式・・すなわち円を描くように逃げながら攻撃するとなんとか勝利できました。

フロムゲーって色々なところに役立つなとつくづく感じますね。 (笑)

 

オンラインはCounter-Strikeに少し似ている

 

5

 

このゲームのもう1つの目玉要素であるオンラインをやってみた感想としては、、

 

・他のFPSオンラインのような撃ち合いにはならない

・移動が早いため近接攻撃メインの人もいて、プレイヤーのバリエーションが多彩

 

という点ですね。

上にも書きましたがこのゲームはエイムアシストがついていないため、他のFPSゲームのような撃ち合いにはなりにくく、(正確には撃ち合いから逃げられる)

必然的にそれ以外の攻撃パターン(近接攻撃)を利用する人が増え、より緊張感のある戦いになる傾向があります。

 

やってみての感想なのですが正直こんなに緊張感のあるオンラインはCounter-Strike以来かもしれません。

無双出来ない仕様になっているところがかなり素晴らしいですね。

 

まだまだ粗削りなところは残っていますが、今後のアップデート次第ではMGOのように長く遊べるオンラインになる可能性を秘めています。

ですので・・、さらなる追加要素を板垣さん、任天堂さんよろしくお願いします。(笑)

 

スポンサードリンク




コメントを残す