SWBF PC版の必要スペックが判明!!  推奨環境は最高レベル・・

5SWBFのβ版、面白いですね。

最初はルールがよく分からず、ただのデスマッチになっていましたが段々分かってくると戦略性あり、雰囲気も最高とβ版でお腹一杯になりそうな感じでヤバいです。(笑)

スポンサードリンク




 

PC版のスペックは過去最高レベル!!

 

2

まあ常にPCゲームの最先端をいくEAものことですから、BFH並~それ以上は覚悟していましたが、想像以上に高い・・というか非常に微妙な感じの推奨スペックになっていますね。

そのスペック内容なんですが、以下のようになります。

 

PC必要環境

OS:64-bit Windows 7以降
CPU(Intel):Intel i3 6300Tまたは同等の性能
メモリ:8GB RAM
ハードディスク:空き容量40GB以上
ビデオカード(NVIDIA):NVIDIA GeForce GTX 660 2GB
ビデオカード(ATI):ATI Radeon HD 7850 2GB
DirectX:11.0互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続:512kbps以上のインターネット接続

 

PC推奨環境

OS:64-bit Windows 10以降
CPU(Intel):Intel i5 6600または同等の性能
メモリ:16GB RAM
ハードディスク:空き容量40GB以上
ビデオカード(NVIDIA):NVIDIA GeForce GTX 970 4GB
ビデオカード(AMD):AMD Radeon R9 290 4GB
DirectX:11.1互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続:512kbps以上のインターネット接続

 

必要環境に関しては思ったよりも軽く、最近のゲーミングPCなら問題なく動く環境なので結構ありがたいのですが、問題は推奨環境です。

まず目を引くのがグラボのGTX970 4GB

一応調べたんですけど、PCゲーマーでGTX970以上の人って5%しかいないらしいですね、、。

そしてメモリが16GB

僕は既に16GBなんですが、今回のこの要求メモリは、これまでの”ゲーミングPCでも8GBあれば十分”という言葉は既に過去のものとなりつつあることを示しています。

 

まあここまででも十分にキツイのですが、おそらく多くのPCゲーマーにとって一番ネックになりそうなのがOSです。

なんと64bitのWindows10

一度見たときは冗談だと思いましたが嘘ではありません・・まさかWindows10です。

「なぜWindows10なんだ、EAさん・・。」

そう叫びたいくらいなのですが、DX12に対応させるのが目的だったのでしょうか。

とにかく一番快適に動作するのはWindows10のようです。

 

OSのアップグレード自体は無料で出来ることなのですが、steamにはまだまだWindows10に対応していないゲームがたくさんあるので、正直まだアップグレードするのはちょっと・・あれですね。

推奨じゃないとはいえ、Windows7/8.1でもスターウォーズのゲーム自体プレイはできますからね、、。

 

と、色々考えていたのですが、ここまでスペックが高いならいっそPS4でプレイしてもいいような気がしてきました。

PS4版のβ版をプレイしましたが、ゲームの出来はそこまで悪かったわけではなく、スターウォーズ自体が割とお祭りのようなオンライン対戦ゲームなので、素直に人口の多いPS4版の方が楽しめるかもしれません。

どうしてもパッドでFPS/TPSは無理だと言う人ならともかく、そこまでガチにならないのなら今回はコンシューマーで購入するのもアリだと思います。

 

まとめ

 

PCゲームの進化は凄まじいですね。

グラボの交換する時期がやってきたなと感じています。

 

SWBFのβ版感想はこちら

PS4版SWBF ベータ プレイ感想と評価

スポンサードリンク




コメントを残す