マッドマックス(PS4/PC)攻略!! 初見プレイの評価と感想 

234140_2015-10-03_00060少し遅くなりましたが、今月発売のゲームマッドマックスをようやくプレイしました。

今年の夏に映画が公開されて話題になった・・ていうかそこで初めてマッドマックスの存在を知ったのですが、FOが参考にした廃墟な世界観のゲームなので、かな~り楽しみにしていました。

スポンサードリンク




 

初見プレイレビュー

 

234140_2015-10-03_00060

 

てっきり発売が10月3日だと思っていたら、1日に既に発売されていたマッドマックス、、。

少し遅れてしまいましたが、さっそくPC版(steam)をプレイしてみました。

 

234140_2015-10-03_00061

舞台は荒廃した近未来で、そこには秩序もルールも存在しない世界。

 

発売前に書いた記事でも触れましたが、、

こちら→PS4期待の新作”マッドマックス” 海外ではやや低評価・・

マッドマックスはあの大人気RPG”Fallout”シリーズの参考になった世界観で、荒廃した世界観が大好きな僕にとっては大好物な設定です。

なんていうか・・たまらないんですよね、この妙に心地いい緊張感が、、。(笑)

ただ、初めてまだ少しですが、Falloutほど建物があるわけでもなく、どちらかと言えばこのマッドマックスは砂漠が永遠と広がる世界のような感じで、どちらかと言えば山と岩に囲まれていたMGS5とかファークライ2に近い部分があるような気がします。

 

ゲームの基本形式はオープンワールドの世界を舞台に、ミッションを進めていくごく一般的な形式。

234140_2015-10-03_00064

234140_2015-10-03_00068

僕はXBOXコントローラーを使っているのですが、新しいアイテムの操作方法ミッションの目的地などは基本的に全て教えてくれるので、その辺りは指示に沿って進めていく形になります。

左下にあるMAP目的地を指していて、その左にある赤いゲージ体力

体力は基本的に水を飲めば回復します。

食べ物は必要ないのか・・という疑問はおいといて、水は無限ではなく有限のものになるので、MAPに散らばる給水場所で水を補給しながら体力を維持していく必要がありそう・・というかこのゲームの基本的な資源は全て現地調達になります。

水、車の燃料、フラッシュライト・・その場その場で必要なものを探して使っていく感じなので、全然サバイバルではないのですが、一応サバイバルっぽい設定になっています。(笑)

 

戦闘はワーナークオリティー

 

234140_2015-10-03_00078

戦闘に関しては、いつものWBのゲームって感じ、、つまりバットマンとほとんど同じということです。

バットマンほどではないですが、マックスも十分に人間辞めてるレベル(笑)なので、普通にサクサク敵を倒していくことが出来て結構爽快です。

 

234140_2015-10-03_00077

一応未知の敵の場合はヒントを教えてくれるので、それに従ってれば大きく苦戦することはまずないですね、、多分。

後、他の敵の攻撃中でもタイミングよくボタンを押せば、どんな状態からでもカウンターを繰り出してくれるバットマン特有の神反応はマックスにも応用されているので、基本接近戦はパリ→カウンター→攻撃→パリと永遠にループしていれば大勢相手でも難なく倒すことができます。

まあ総括すると戦闘はそれほど難しくなく、アクションゲームが苦手な人でも十分に対応できる仕様になっています。

 

車を改造して鍛え上げていく

 

そしてマッドマックスのメイン要素である車の運転についても少し・・。

このゲームの世界は基本的に砂漠なので、移動は基本車で、それに伴い、車での戦闘も必然的に多くなっています。

 

234140_2015-10-03_00083

 

車の戦闘は基本的に2つ、、

自分でショットガンを放つか、そのままサイドから体当たりをするかです。

 

234140_2015-10-03_00081

ただ、車はバットモービルのように無敵ではないので、あちこちにぶつけていると当然修理が必要になります。

一応相棒っぽい奴(?)が止まっている間にしてくれるのですが、出来ることならかっこよく無傷でクールにクリアしたいものです。

 

また、車はカスタマイズが可能です。

 

234140_2015-10-03_00070

234140_2015-10-03_00075

まだ最初なので、オンボロでへなちょこな車ですが、、おそらくミッションを進めていくとこれがモンスターマシンになるはず・・。

形やパーツによって、耐久性やスピードなどが大きく変わりそうなので、この辺りは個人の好きなように”最強のマシン”の完成を目指してミッションを進めていきます。

 

まとめ

 

海外では低評価だったりして多少心配だったのですが、個人的には普通に面白いゲームです。

映画ファンの人、ワーナーのゲームが好きな人なら普通に楽しめそうなので、気になっている人は購入してみることをお勧めします。

 

 

スポンサードリンク




2件のトラックバック

コメントを残す